@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

Speedy J


Nova Mute Plus 8

Speedy Jは、オランダのロッテルダム出身であるJochem George Paap(1969年生)によるソロプロジェクト。
1990年、リッチー・ホウティンの運営するPlus 8より"Intercontinental"をリリース。多くのレーベルより作品発表をしている彼だが、このPlus 8やNova Muteなどは、メインレーベルと言っても良いだろう。
1991年に発表した"Pullover"は彼の躍進の切っ掛けとなった。
翌1992年、Warp Recordsのコンピレーション"Artificial Intelligence"に2曲提供。ミニマルだけではなく、IDMの発展にも寄与した。
1stアルバム"Ginger"は、上述のWarpよりAIシリーズの一環として、1993年にリリースされた。
その後もコンスタントに作品発表を行う。アルバムは"G Spot"(1995)、"Public Energy No. 1"(1997)、"A Shocling Hobby"(2000)、"Loudboxer"(2002)などが挙げられる。
その間、μ-ZiqことMike ParadinasとSlag Boom Van Loonを結成し、1998年と2001年にアルバムをリリースした。リリースは二つともPlanet μから。
2003年、他のミュージシャンとコラボレーションするシリーズCollabsの一作目、"Collabs 100"がリリースされた。コラボ相手はAdam Beyer。以降のタイトルとコラボ相手は以下の通り。(英語版Wikipediaを参考)
Collabs 200 (with Literon)、Collabs 300 (with Chris Liebing)、Collabs 301 (Chris Liebing)、Collabs 3000: Metalism (Chris Liebing)、Collabs 400 (George Issakidis)、Collabs 401 (George Issakidis)
2008年、Fixed Noiseより、音源集"KREATE"が発売された。

Sample(Pullover)


Links

公式
twitter
My Space
facebook

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: 発表 ミニマル エレクトロニカ

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]