@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

Bibio


Warp

Bibioは、イングランドのウェストミッドランズ在住であるStephen Wilkinsonによるソロユニット。Bibioの由来は、フライと呼ばれる釣り針の中の一種から。参考はこちら。
ミドルセックス大学在学中に実験的な音楽に対する興味を抱く。
2005年、アメリカにあるレーベルMushより、1stアルバム"Fi"をリリースした。この作品に収録されている"Bewley In Grey"というトラックが、アウトドア用品メーカーL.L. BeanのCMに使用された。また2006年に同レーベルから発売した"Hand Cranked"の中の楽曲"Zoopraxiphone"も、ToyotaのCMに用いられた。
2009年2月、再びMushより3rdアルバム"Vignetting The Compost"をリリースした。
同年6月、イングランドに居を構える大手レーベルWarp Recordsより、3rdアルバム"Ambivalence Avenue"をリリース。Bibioの名を広く知らしめた。

Sample(Torn Under The Window Light)


Links

My Space

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: 実験 ミドルセックス 大手

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]