@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

Capitol K


Planet Mu

Capitol Kは、マルタ出身のKristian Craig Robinsonによるソロユニット。
音楽的な影響はパンクやグランジといったジャンルにある。
ドバイやブルネイなどを転々とした後、クリエイティブな環境を求め、イギリスのロンドンへと移住した。そこで制作したサウンドコラージュを配布していたところ、そのうちの一つがPlanet Muのオーナー、μ-ZiqことMichael Paradinasの手に渡る。
1999年、才能を見込まれたCapitol Kは、Planet Muより1stアルバム"Sounds Of The Empire"をリリースした。ちなみにこのアルバムのライナーノーツ筆者名に、ミススペルがある。
翌年10月、再びPlanet Muより2ndアルバム"Island Row"を発売。この作品に収録されている"Dance On"は、プリンスの曲のカバーである。また後にXL Recordingsから再発されるが、こちらは多少構成が変わっている。
2003年頃より、自らの設立したレーベルでの活動がメインとなる。
2004年に"Happy Happy"をリリース。翌年にリリースされた"Nomad Junk"は、故郷マルタやバルセロナ、アジアでは台湾に東京に香港といった場所でフィールドレコーディングされた素材が用いられている。
2008年9月、"Notes from Life on the Wire with a Wrecking Ball"をリリース。アルバムジャケットの絵は、同年6月に行われたライブの模様を描いたもの。

Sample(Can't Lie Down)


Links

公式
My Space

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: イギリス Links 構成

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]