@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

MusiKi:テクノ・エレクトロニカWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

Enitokwa


Klik Records

Enitokwaは、大阪出身であるTakashi Hasegawaによるソロプロジェクト。
80年代の終わり頃から音楽に興味を持ち始め、パンクやインダストリアル、ニューウェーブなどに傾倒。ギターやドラムなどを演奏した。
1990年にボストンへ渡り、ホテルマネジメントを学ぶ。このボストン滞在期間にクラブミュージックと出会い、彼の嗜好に変化をもたらした。以降ハウスミュージックの制作を開始。
1994年に帰国した後、YellowのA&Rとして働き始めた。またこの年には本名名義で"Enitokwa EP"をリリースしている。
1998年、大阪に帰郷。翌年、1996年から制作していた音源をまとめた作品"Floating Works 1996-1999"をEnitokwa名義でリリースした。
2000年にCD2枚組の作品"Slow Dive"をリリース。Contents Label Cafeで行われたライブ音源が収録されている。
2001年、フランスで開催されたイベント"Tokyo in Batofar Festival"に参加した。またJALの国際線で使用されるウェルカムミュージックに、彼のトラックが選ばれた。
2007年、Jun Yamabeとのコラボレーションアルバム"Bisai"をKlik Recordsよりリリース。ともに5曲ずつ担当した。

Sample(Up&Down)


UP & DOWN by enitokwa

Link

Sound Cloud

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: 学ぶ フランス 収録

PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]