Ghostly International


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ghostly International レーベル

1999年、Sam Valenti IVにより設立されたレーベル。Samの通うミシガン大学の寮で生まれた。拠点はミシガン州アナーバー。
型番は通常がGI-**、CDとLPの両方でリリースがある場合、LPのみ数字の後にAが付く。デジタルフォーマットはGIDG-*という型番が用いられる。

Matthew Dearが主要ミュージシャンの一人に挙げられるが、彼とレーベルオーナーのSamはあるパーティで出会い電子音楽に対する思想で共通点を見出し意気投合し、1999年、レーベルとMatthewのデビュー作"Hands Up For Detroit"をリリースするに至った。
扱う音楽はバリエーションに富み、それはレーベルのコンピレーションIdol TryoutsシリーズやDisco Nouveauシリーズに見て取れる。

Spectal Sound

2000年に設立された姉妹レーベル。
Ghostlyが実験的音楽やポップ音楽の色合いを強め、ダンスフロア向け音楽(テクノ、ハウス)のリリースが少なくなった。これを補強するためにSpectalを開設した。

所属ミュージシャン

Aeroc
Ben Benjamin
Cepia
Christopher Willits
Dabrye
Daniel Wang
Deastro
Dykehouse
JDSY
Jeffrey Sfire
Kill Memory Crash
Kiln
Lawrence
Lusine
Matthew Dear
Michna
Midwest Product
Mobius Band
North Valley Subconscious Orchestra
School of Seven Bells
Skeletons & The Kings Of All Cities
Solvent
Tadd Mullinix
The Chap
The Sight Below
Twine
Tycho

Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析