Tiki Obmar


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Merck

Graham Chapman、Chris Smalley、Brett Bullionによるユニット。この3人は付き合いの長い友人同士でもある。
2003年merckより1stアルバム"High School Confidential"をリリース。レコーディング自体は2002年の7月から10月にかけて行われた。2000部限定。
2004年には"Seasons"をリリース。これはCD媒体だったが、翌年にVinylでもリリースされた。
Tiki ObmarとMerckの方針に関して、Warszawaのコラムに興味深い記述があるので引用し紹介する。

 2003年~2004年、“レーベル第二期”とも言える時代に突入した。そう思える理由のひとつに、レーベルの音楽性が多様化したことが挙げられる。その印象を広げた作品としてまず挙げられるのが2003年にリリースされた、Tiki Obmarの『High School Confidentioal』であろう。Tiki Obmarは、3人組という、これまでMerckにはなかったバンド編成で注目を集めた。この時期、様々なエレクトロニカ・レーベルがそうであったように、ロックやフォークなどのアプローチをMerckも打ち出したのだ。サウンドはバンド・アンサンブルとエレクトロニクスを用いたしなやかな表現で、時にはエレクトリックビートも交えたサウンドを聴かせるというものだ。Tiki Obmarは、レーベルの中で最もバンド的なアプローチの側面が強かったと言えるだろう。この作品を機に、Merckはポストロック的なアーティスト、そしてファンをも取り込むことに成功した。それは、ポストロック派として挙げられるもう一つのバンド、Latedusterの登場によって決定づけられる。
引用元:Merck History 2
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析