Bibio


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Warp

Bibioは、イングランドのウェストミッドランズ在住であるStephen Wilkinsonによるソロユニット。Bibioの由来は、フライと呼ばれる釣り針の中の一種から。参考はこちら。
ミドルセックス大学在学中に実験的な音楽に対する興味を抱く。
2005年、アメリカにあるレーベルMushより、1stアルバム"Fi"をリリースした。この作品に収録されている"Bewley In Grey"というトラックが、アウトドア用品メーカーL.L. BeanのCMに使用された。また2006年に同レーベルから発売した"Hand Cranked"の中の楽曲"Zoopraxiphone"も、ToyotaのCMに用いられた。
2009年2月、再びMushより3rdアルバム"Vignetting The Compost"をリリースした。
同年6月、イングランドに居を構える大手レーベルWarp Recordsより、3rdアルバム"Ambivalence Avenue"をリリース。Bibioの名を広く知らしめた。

Sample(Torn Under The Window Light)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析