Safety Scissors


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Force Tracks ~scape

Safety Scissorsは、アメリカのミネアポリス出身であるMatthew Patterson Curryによるソロプロジェクト。
アートスクールへ通うためにサンフランシスコへ引っ越した後、音楽への関心を深める。
その後SutekhやKit Clayton、Twerkと出会い、テクノシーンに身を置くこととなる。
1999年、初作品"Rubber Stamp"を、Sutekhの運営するレーベルContextよりリリースした。
2000年にはベルリンへと移住。その地を拠点とするレーベルForce Tracks(Force Inc. Music Worksのサブレーベル)から2つの12インチ作品を発売した。
またこの年にはSutekhとともにMoronというユニットを結成し、"(Neo)Moronics Volume VII"をリリースしている。
翌2001年、Proptronixレーベルを設立。レーベルの初作品として、SutekhとKit Claytonと共にスタートさせたプロジェクト、Pigeon Funkの作品を発売した。
同年7月に1stアルバム"Parts Water"をリリース。レーベル設立と、初めてのフルレングスアルバムリリースといった出来事がある、めでたい年となった。
2003年末、再びサンフランシスコへと移住する。
2004年、Sketch Showの楽曲"Night Talker"のリミックスを担当した。
1stアルバムから4年、2005年に待望の2ndアルバム"Tainted Lunch"がリリースされた。前作と同様、自身がアートワークを飾っている。

Sample(Umatic)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析