Mick Chillage


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Psychonavigation Records

Mick Chillageは、イングランドのダービー出身であるMichael Gainfordによるソロプロジェクト。
1968年にイングランドで生まれた彼だが、1974年にはアイルランドへと引っ越した。
若い頃、彼は専用の音楽プレイヤーを持っておらず、兄の趣味を押しつけられるという厳しい環境にいた。それを象徴するエピソードに、Mickが隠し持っていたPet Shop Boysのカセットを見つけると、「壊すぞ」と脅したというものがある。
就職し、収入を得るようになってからは状況は好転した。彼が好む、Kraftwerkや、先述のPet Shop Boysなどの作品を毎週購入できるようになった。
ある日、MickはHumanoidの"Stakker Humanoid"を購入する。ダンスミュージックが全盛を迎えようとしていた頃、彼もまた電子音楽に引き込まれていった。
1989年、ダブリンのクラブ'Sides'に入り浸っていたMickは、偶然4才の頃からの知り合いであるPaul Byrneと再会する。音楽嗜好が似ていたことはもちろん、翌年からこれまた偶然同じ職場で働くことになったことも相まって、互いの仲を深めていった。
1993年、WarpやR&S、Rising Highといったレーベルの作品がMickのサイフを空にしていた頃、MickはChilloutミックスの制作を開始した。当時は2台のポータブルCDプレイヤーと、Kamのミキサーを用い、ピッチコントロールなしでミックステープを作っていた。
1995年、Paulとともに作曲やミックスを開始。プロジェクト名は"The Chillage Idiots"とした。

ソロ活動

2000年、最低限の機材を揃えMick Chillageの名義の下、コンピレーションCDを制作した。不十分なマスタリングではあったが、Vinylを主に扱う店で、CD媒体である今作を全て売り切ったのはMickにとって励みになる出来事だった。
2002年、地元ダブリンにあるクラブが企画したコンピレーションアルバム、"NMK 0001"に楽曲提供した。
2007年から作曲活動を本格化させ、様々なレーベルからデジタル媒体でのリリースを行った。
2009年には1stアルバム"Tales from the Igloo"をPsychonavigation Recordsからリリースした。

Sample(Under The Ice)



オススメアルバム


Tales from the Igloo

Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析