Lawrence


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dial Ghostly International Kompakt Small Ville

Lawrenceは、ドイツ出身であるPeter Kerstenによるソロプロジェクト。
兄の影響で、Depeche ModeやJoy Divisionなどを聴いて育つ。またデトロイトテクノやディープハウスにも影響を受けており、それぞれデトロイトテクノではRhythm is Rhythm(デリック・メイ)の、"It Is What It Is"、ディープハウスではTheo ParrishやMoodymanに惹かれた。
12才のとき初めてレコードを購入する。当時ブレイクダンスが人気を得ていたが、自身は「ブレイクダンサーとしては最悪。でも素晴らしいエレクトロ作品を持っていた」と語っている。
高校卒業後、2年間庭師をしていた。
1998年からコンピューターを用いて作曲を開始する。その数ヶ月後、友人であるCarstenJostとTurnerことPaul Kominekとともにdialレーベルを設立。1999年にレーベルにとっても、自身にとっても最初の作品"Shoes"をリリースした。
ちなみに、dialレーベルからリリースした作品の中で最も誇れるものは? という問いに、「DominiqueのSpeak To Meだ」と答えている。
2002年にはセルフタイトルアルバム"Lawrence"をdialとLadomat 2000よりリリース。Vinyl盤はLadomat 2000のみ。同年、Sten名義でも活動を開始した。
翌年にもアルバム"The Absence Of Blight"を発売。
2005年、ドイツのハンブルクにて、レコードショップSmallvilleの運営を開始。同年3rdアルバム"The Night Will Last Forever"をリリース。翌2006年にはSmallvilleのレーベル部門をスタートした。
2009年、"Until Then, Goodbye"をリリース。このアルバムのマスタリングはKossこと高橋クニユキが担当している。
好きな曜日は月曜日。

Sample(Along The Wire)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析