Efdemin


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dial Kompakt

Efdeminは、ドイツ出身であるPhillip Sollmannによるソロプロジェクト。名義の由来は、昔聞いていたラジオに登場したMikhail Efdeminというキャラクターから。
Depeche Mode、Psychic TVなどに影響を受けたと語っている。
幼少時はチェロを、1996年からはConcordというロックバンドで活動し、セルフタイトルEPもリリースしたことがある。
Institute for Computer Music in Viennaという、音楽大学の一部の機関(非常に小さものとEfdeminは語っている)でMAX/MSPなどを学ぶ。
1998年、友人のAlexander PolzinとTobinというユニットを結成し、"Tobin 01"をリリースした。
またこのユニットでは、Kompaktのコンピレーションアルバム"Total 1"に楽曲提供した経験がある。
2004年、ハンブルクにあるレーベルdialより、Efdeminとしては初作品となるEPをリリースした。
2007年には1stアルバム"Efdemin"を発売。本人曰く、一番気に入っているトラックは3曲目の"Le Ratafia"である。
翌年にはPhotekやMinilogueなどの楽曲を用いたMixアルバムをリリース。レーベルはベルギーのCurle Recordingsより。

使用機材/ソフトウェア

Cubase
Abletonについては、「あまりに簡単に作曲できることから、音楽を破壊している」と語るほど忌避している。

Sample(Bergwein)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析