Inch-Time


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Static Caravan

Inch-Timeは、オーストラリアはアデレード出身のStefan Panczakによるソロプロジェクト。現在はロンドンに居住している。
10代前半より作曲を始める。学校ではサックスなどを演奏していた。電子音に目覚める切っ掛けとなったのは、Massive Attackの"Blue Lines"とDJ Shadowの"What does your soul look like?"の2つのアルバムを聴いたこと。
後に有機的な音と電子的な音の融合を掲げて、2002年にプロジェクトをスタート。ガムランやハープ、アコースティックギターに加え、シンセやドラムマシーンを用いている。
2003年、自身が設立したLab Recordingsよりシングル"Root Drinking in The Dark"と、EP"To Eat Flowers And Not To Be Afraid"をリリースした。
これらが目を引き、2005年には英国のレーベルStatic Caravanより、1stアルバム"Any Colour You Like"をリリースした。以降は同レーベルからのリリースが主になる。
2006年6月15日、スペインのバルセロナで行われるSonar Festivalに参加。この日のSonarDômeのトリを務めた。また同年2ndアルバム"As The Moon Draws Water"もリリースしている。
近年ではサウンドデザインを手がけており、クライアントにはNational Expressなどがいる。
またハーフマラソンにも2回挑戦している。

Sample(Aurora in Dust)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析