Ellen Allien


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BPitch Control

BPitch Control設立前

Ellen Allienは、ドイツのベルリン出身であるEllen Fraatz(1969年生)によるソロプロジェクト。肩書きはプロデューサー、DJ、レーベルオーナー、ファッションデザイナーなど。
父親が音楽好きだったため、彼女もニーナ・ハーゲンやピンクフロイドといったアーティスト達の作品を聴いて育った。
1988年、一年間ロンドンに滞在する。そこで訪れたクラブで、初めて電子音楽(アシッドハウス)を経験する。その後ハウスやテクノとも出会ったことから、電子音楽に傾倒を始める。またこの頃よりWestBamがレギュラーDJを務めるバーFischlaborで働き始める。
1991年、初めてのDJをFischlaborで行う。その翌年にはthe Bunkerや日本でも有名はTresor、そしてE-WerkでレジデントDJを担うようになった。
1993年にはベルリンのレコードショップに勤めるかたわら、Kiss FMで"Braincandy"というラジオ番組を開始した。
1995年、"Ellen Allien E.P."をリリース。同年レーベルを設立。名称はラジオ番組と同じ"Braincandy"。
1997年、E-Werkが閉鎖したため自らのパーティーシリーズ"BPitch Control"をスタート。彼女のキャリアは順調に見えたが、運営しているレーベルBraincandyがディストリビューションに多くの問題を抱えたため活動を終了させた。

BPitch Control設立以後

1999年、Ellenは新たなレーベル"BPitch Control"をスタートさせた。オーナーだけでなくアートディレクターも担当しており、レーベル全作品のアートワークにGOサインをだすのは彼女である。
制作面でも、これまでは1995年と97年にリリースしていただけだったが、設立を機に2000年から現在まで毎年作品をリリースするようになった。
2001年、2つのサブレーベル"Memo"と""Spielwiese"を設立。また1stアルバム"Stadtkind"をリリースした。
2002年4月、2ヶ月に亘るDJツアーを敢行。カナダ、アメリカ、そして日本を訪れた。日本では4月5日にWOMBでプレイした。
同年7月より、新しいパーティーシリーズ"Boogy Bytes"をスタートさせた。Ellenがブッキングや諸々の調整を担当したこのパーティーは、シーンのトレンドを焦点に置いたものになった。また後にBPitchからリリースされるMixCDシリーズの名前に"Boogy Bytes"が使われている。
9月にはBPitchから"GEMEINSAM"というコンピレーションがリリースされたのに合わせ、同名のツアーを行った。11月から2ndアルバムの制作を開始。
2003年は4月にアルバム"Berlinette"のリリース、8月にWIRE03出演、11月と12月にそれぞれアメリカツアー、日本ツアーを行った。
2005年、3rdアルバム"Thrills"をリリース。ツアーでは欧州、ブラジル、アメリカ、日本を回った。
2006年には、再びApparatとコラボレーション。今回はシングルではなく、アルバム"Orchestra Of Bubbles"をリリースした。これを機にApparatとともに、大規模フェスティバルなどでライブを行うようになる。
同年ファッションブランドEllen Allien Fashion設立。
2008年4thアルバム"Sool"リリース。彼女のアルバムでは初めて自身の写真を使用しないアートワークとなった。
ただし2010年にリリースされた"Dust"で写真は復活している。

Sample(Down)


ellen allien – down by graver


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析