Surgeon


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Counterbalance Warp

Surgeon(サージョン)は、イギリスのニューポートパグネル出身であるAnthony Child(1971年生)によるソロプロジェクト。プロデューサーでもあるが、DJとしての側面が強い(彼の公式サイトのアドレスはdj-surgeon.com)。
"Surgeon"の由来は、彼の曾祖父がヴィクトリア女王の子供を診ていたことから。
Kislingburyというノーサンプトンシャーの村で育った彼は、父親の部屋でシンセサイザー奏者冨田勲によるドビュッシーの「夢」を聴き、テクノに目覚める。
1989年オーディオヴィジュアルデザインを学ぶためにバーミンガムへ移り住んだ。
この地でBlimというジャズやロック、フュージョンを演奏するバンドで活動するかたわら、友人のPaul DamageからDJを学び、Surgeonとしての基礎を形成していく。
バーミンガムはテクノ・クラブが存在しなかったことを不満に思い、彼と先述のPaul Damageを含む数人の友人は、1991年にHouse of Godと名付けられたクラブを設立する。彼は現在でもここでDJを行っている
1996年に初来日。相撲好きであり、2010年にリリースされた"Fabric 53"では蔵前国技館の最寄り駅だった蔵前駅で録音した音源が使用されている。
またときどきtwitterで日本語を話しているのが見られる。

Sample(La Real)


Links

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



  • ミュージシャン
+ 数字/記号
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z


  • レーベル
+ A-E
+ F-J
+ K-O
+ P-T
+ U-Z

更新通知とかするtwitter

  • 更新履歴
取得中です。


今日ヒット数が多い順

昨日ヒット数が多い順

include_js plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 無料アクセス解析