※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法


魔法効果について

各魔法についての解説です。


魔法の入手先



魔法として使えるアイテム

  • スクロール
    • スクロール(呪文の巻物)を使用することにより、魔法を使用することができます。
      スキルレベルや習得の有無は関係ありません。
      ただし、使用するとなくなってしまうアイテムです。
    • 杖を装備すると、攻撃動作を行うたびに、杖の魔法を使用することができます。
      スキルレベルや習得の有無は関係ありません。
      魔力を使い果たしても、魂石などで魔力を充填することにより再使用できます。

講座・テクニック



魔法に関する基礎知識

  • 魔法は、スキルの熟練度(スキルレベル)により、扱える魔法が決まっています。
    より強い魔法を使用するためには、使いたい魔法スキルの熟練度を上げる必要があります。
  • 知力や気力は最大マジカ値と自動回復速度に影響するだけで、魔法の強さには影響しません。
  • 同一効果で同じ名前の魔法を重ねがけした場合、効果は上書きされます。
    (例:軽量化50ptsの効果を持つ「妖精の翼」という魔法を2回かけても、軽量化効果は100ptsにならず、50ptsのまま)
    異なる名前の魔法であれば、同一効果であるかどうかは関係なく、唱えた魔法は上書きされず、累積して発揮されます。
    (例:軽量化50pts効果の「軽量化1」「軽量化2」という名前の異なる魔法を唱えた場合、50pts+50pts=100ptsの効果を発揮する)
    ただし、魔法耐性ダウンのように、上書き時に効果が強まる場合もあります。

魔法の消費マジカについて

  • 同じ魔法効果であっても、範囲や強さ、持続時間によって消費マジカが変わります。
    また、自己と近距離に比べ、遠距離魔法は消費マジカが高くなります。
  • 魔法のスキルレベルを上げることにより、消費マジカが減ってゆきます。
    スキルが低いうちは、販売されている魔法も消費500オーバーのものがあったりしますが、スキル100になればたいてい消費200以内になります。
    • 計算式:現在の消費マジカ = (1.4 - 0.012 × ( 魔法スキル値 + (運 - 50) × 0.4 ) ) × 基本消費マジカ
      • ※青字部分の上限値は100
      • Wiki内の魔法リストに記載されている消費マジカが基本消費マジカです。

「発生中の効果」について

オブリビオンでは、攻撃回復等の直接的魔法と同じように病気や星座の加護なども自分に掛かっている魔法効果として表現されます。
現在の「発生中の効果」は、ジャーナルの魔法のタブで確認できます。

「呪文の有効性」について

防具装備なし、または服、アクセサリー装備時には、呪文の有効性は100%ですが、重装鎧、軽装鎧を装備していると、有効性が低下します。
有効性が低下した場合、魔法の効果に影響します。
例:有効性85%のときに「体力回復100pts」を唱えても、回復する体力は85ptsになってしまう
現在の「呪文の有効性」は、ジャーナルの魔法のタブで確認できます。

天賦の極術・天賦の術について

ゲームを進めると、天賦の極術・天賦の術を入手できる場合があります。
天賦の極術・天賦の術は通常の魔法と違い、以下のような特徴があります。
天賦の極術
  • 1日に1回しか使えない
  • 消費マジカは0
  • 解呪沈黙が効かない
  • どのような効果であっても、魔法スキルは上がらない
天賦の術
  • 1日に何度でも使える
  • 消費マジカは魔法ごとに決まっており、魔法スキルによらず同じ消費量
  • 解呪沈黙が効かない
  • どのような効果であっても、魔法スキルは上がらない


Top>魔法