※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「アプローチフェイズ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

アプローチフェイズ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *アプローチフェイズ
 [[アプローチ]]を行うフェイズ。必ず行う必要はない。また、先行1ターン目は行うことができない。
 アプローチを行う場合、以下の手順で処理を行う。
-+[[アプローチ]][[キャラ>キャラクターカード]]の参加
-+[[イベントカード]]の[[プレイ]]/[[テキスト]]の使用
-+[[妨害]]キャラの参加
-+イベントカードのプレイ/テキストの使用
++[[アプローチ]][[キャラ>キャラクターカード]]の参加(手番プレイヤー)
++-ここで選択したキャラは、[[退場判定]]が終了するまでの間「[[アプローチ]]に参加している」キャラとして扱われる。
++-アプローチに参加できる状態にある自分のキャラの中に[[強制アプローチ]]を持つカードがある場合、必ずそのキャラを選んでアプローチに参加させなくてはいけない。
++-アプローチに参加しているキャラが、[[退場判定]]を行う前に何らかの原因で[[メインエリア]]以外の領域に移動した場合、直ちに6に進む。&br()([[退場判定]]や[[ポイントを与える]]処理などは行われない)
++--[[参考(公式Q&A)>http://www.p-memories.com/node/139497]]
++[[イベントカード]]の[[プレイ]]/[[テキスト]]の使用(両プレイヤー)
++-[[優先権]]も参照。
++[[妨害]]キャラの参加(非手番プレイヤー)
++-ここで選択したキャラは、[[退場判定]]が終了するまでの間「[[妨害]]に参加している」キャラとして扱われる。
++-妨害した場合は4に進む。&br()妨害しなかった場合、非手番プレイヤーがデッキの一番上のカードをポイント置き場に置いた後、6に進む。
++-「非手番プレイヤーが妨害を行わないことを宣言してから、そのプレイヤーが1ポイントを受けるまでの間」にイベント等を使用するタイミングは存在しない。&br()例えば手番プレイヤーが[[《大・成・功》]]をプレイする場合、「非手番プレイヤーの妨害がないことを確認した後でカードをプレイし、確実に追加ドロー効果を成功させる」ということはできないので注意。
++イベントカードのプレイ/テキストの使用(両プレイヤー)
 +[[退場判定]]
-+イベントカードのプレイ/テキストの使用
++イベントカードのプレイ/テキストの使用(両プレイヤー)
 カードテキスト内の使用条件が[アプローチ/○○]である場合、このフェイズの「イベントカードのプレイ/テキストの使用」のタイミングに使うことができる。
 
 **関連項目
 -[[メインフェイズ]]
 -[[アプローチ]]
 -[[妨害]]
 -[[退場判定]]
 -[[コンバットトリック]]
 ----
 &link_edit(text=編集)