※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「《琥珀(076)》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《琥珀(076)》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《琥珀(076)》
 >キャラクターカード
 >使用コスト3/発生コスト2/緑/AP40/DP30
 >【メイド】
 >このカードがアプローチに参加した場合、同じ特徴、または同じ使用コストを持つキャラ2枚は、ターン終了時まで+10/+10を得る。
 >[メイン/両方]:[0]自分、または相手のポイント置き場にあるカード1枚を裏向きにする。その場合、キャラ1枚を活動状態にする。
 >&italic(){(さあ、志貴さん。今日一日はめくるめく夢の世界ですよ。)}
 
 [[カーニバル・ファンタズム]]で登場した[[緑]]色・[[【メイド】]]を持つ[[琥珀]]。
 [[アプローチ]]した時にこのカードと同じ[[特徴]]または[[使用コスト]]を持つ[[キャラ]]2枚の[[AP]]・[[DP]]を10上昇させる効果、[[自分]]または[[相手]]の[[ポイント]]1枚を[[裏にする>カードを裏にする]]ことで、[[キャラ]]1枚を[[活動状態]]に戻す[[使用型テキスト]]効果を持つ。
 
 1つ目の効果は強化効果。
 同じ[[特徴]]・同[[コスト]]のキャラ2枚を強化できる。
 もちろんのこのカードも対象となるので、実質AP50・DP40のキャラと言える。
 もう1枚同じ[[特徴]]・同[[コスト]]のキャラがいれば発動できるので使いやすい。
 
 2つ目の効果は[[活動状態]]に戻す効果。
 [[相手]]の[[ポイント]][[ソース]]を潰しつつキャラを[[活動状態]]に戻せる。
 [[相手]]ターンに[[妨害]]用キャラを確保するのが主な使い方。
 相手の[[ポイント]]が全て[[裏向き]]でも、自分のポイントも選べるので事故を起こしにくい。
 
 [[カードイラスト]]は描き下ろし。
 
 **FAQ
 -Q.このカードの1つ目の効果で、相手の場のキャラ2枚を選ぶことはできますか?また、自分のキャラと相手のキャラを1枚ずつ選ぶことはできますか?
 --A.はい、相手の場のキャラを選ぶことができます。自分と相手のキャラを1枚ずつ選ぶこともできます。(12/05/07)
 
 **関連項目
 -[[《真夏のカーニバル》]]
 -[[《翡翠(075)》]]
+-[[《白藤 杏子(211)》]]
 
 ***収録
 -[[カーニバル・ファンタズム]] 01-076 [[パラレル]],[[サインカード]]
 ----
 &link_edit(text=編集)
 //s強化
 //s裏にする
 //s活動状態