<刀語>

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<刀語>

『刀語』をメインとするテーマデッキ
【完成形変体刀】サポートを使い、ビートダウンを行っていくのがコンセプト。

《刀語》
イベントカード
使用コスト4/発生コスト2/青
[メイン/自分]:自分の「刀語」のAP/DPを持つ活動状態のキャラ1枚と、相手のメインエリアにいるAP/DPを持つ活動状態のキャラ1枚は、退場判定を行う。

《とがめ&鑢 七花(037)》
キャラクターカード(コンビ)
使用コスト4/発生コスト1/青/AP40/DP40
【虚刀流】/【剣士】/【奇策士】
〔コンビ〕
このカードがアプローチに参加した場合、デッキの上のカード1枚を表にする。表にしたカードが「刀語」のキャラの場合、手札に加える。

デッキの構築

キャラクターカード

アタッカー。ポイントの枚数分APDPが上昇する。
相手に依存するが、キャラの効果をコピーできる。
否定姫とコンボすれば強力なアタッカーに。
相手キャラが登場するごとに相手キャラを弱体化できる。
登場すれば全体強化が可能。
サーチカード。アタッカーとしても十分。
【完成形変体刀】キャラをサルベージできる。
条件は厳しいが、実質AP40・DP50のキャラ。
条件は非常に厳しいが、発動できれば相手に大打撃を与えられる。

イベントカード

必須カード。狙った相手キャラをほぼ確実に除去できる。
【完成形変体刀】キャラ強化+手札交換を行うカード。
【完成形変体刀】キャラを活動状態に戻す。《校倉 必(020)》を使うなら必須。
キャラ1枚のAPを0、DPを50に変更する
【剣士】キャラ専用の全体強化カード。

派生デッキ

<鑢 七花&とがめ>

鑢 七花とがめを中心としたデッキ。

<真庭忍軍>

【真庭忍軍】キャラを中心としたデッキ。

<錆デッキデス>

《錆 白兵(042)》の強力なデッキ破壊効果をメインとするデッキ。

弱点

攻撃的な効果が多く強力ではあるが、いずれも重く手札事故を起こしやすい。
また、テーマがあやふやだとバランスが悪くなり勝率も落ちる。

関連項目