《中野 梓(358)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《中野 梓(358)》

キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/黄/AP20/DP10
【制服】/【ぶちょう】
このカードは、自分のキャラの中で使用コストが一番高い場合、+30/+30を得る。
(はっはっはー。)

けいおん!!Part1で登場した色・【制服】【ぶちょう】を持つ中野 梓
自分キャラの中で最も使用コストが高い時にAPDPが30上昇する効果を持つ。
誘発強化効果なので、条件を満たせば実質AP50・DP40のキャラとなる。
自分のデッキのキャラを全てコスト2以下にすれば、発動条件はないに等しい。
《トンちゃん》セットすればコスト3、《次期軽音部部長!?》を使えば、コスト3~4のキャラがいても強引に効果を発動可能。
サポートキャラと相性がよく、ほとんどがコスト0であるため効果を阻害しない。
ファッティとの相性は悪いので、ファッティを採用するデッキでの使用は避けたい。
《高坂 桐乃&沙織・バジーナ(006)》を併用すれば更にAPが10上昇する。
逆にウィニーデッキではアタッカーとして十分な活躍ができるだろう。またビートダウン型のデッキでも採用に値する。<中野 梓>には是非採用したい。
簡単な条件でAP50・DP40になり、自身が使用コスト2・発生コスト2と使いやすく、支援カードの多い中野 梓という名前のため、《平沢 唯(322)》と並びけいおん!!Part1発売以降の環境を支配するカードとなった。

カードイラストは描き下ろし。フレーバーは第1話「高3!」の律の妄想の中での梓のセリフ。
詳細は《次期軽音部部長!?》を参照。

対策

条件を満たせば使用コスト2でAP50・DP40という破格の能力を持つこのカード。
軽さと強さを併せ持ち、ウィニーデッキの柱となっている。
対処法を以下に示す。

  1. APDP50以上のキャラ+コンバットトリック
    AP・DPを上げて直接倒す方法。ただ相手のコンバットトリックには警戒が必要。
  2. 天然
    コスト2なので天然持ちキャラなら妨害を怖れること無く攻め込める。《次期軽音部部長!?》などの使用コストが上昇するカードには注意。
  3. 休息状態にする
    アプローチ妨害を封じる。具体的なカードは休息状態参照。
  4. 封印
    アプローチ妨害を封じる。具体的なカードは封印参照。ただ手札消費が激しく、せいぜい1ターンしか防げない。
  5. 除去バウンス
    から居なくなれば安心して戦える。具体的なカードは捨て札およびバウンス参照。

強化効果が発動するとファッティちびキャラですらほとんど意味がない。
強化効果に負けないように自分も能力を上げてAPDP勝負をするか、天然除去などで勝負を避けるか、自分のデッキに見合うものを選択しよう。

FAQ

Q.自分の場に他にこのカードと同じコストのキャラがいる時、効果は発動できますか?
A.はい、できます。

関連項目


収録