<メガネ>

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<メガネ>

【メガネ】を持つキャラを集めたデッキ。のカードが主体となる。
自分キャラが登場した時発動する効果を、メインフェイズ以外でも登場できるキャラを登場させることで自由なタイミングで使用できるのが強みである。
【メガネ】は今後も多くの作品で登場する可能性のある特徴であるため、将来的な強化にも期待できる。

《鳴海 ナクル(027)》
キャラクターカード
使用コスト5/発生コスト2/青/AP40/DP40
【制服】/【メガネ】/【ネコミミ】
このカードと同じ特徴を持つ自分のキャラがアプローチでポイントを与えた場合、カードを1枚引く。
このカードは、【メガネ】を持つキャラが登場した場合、ターン終了時まで+20/+20を得る。
(メガネ愛がすべてを超えるのです!)

《種島 ぽぷら(075)》
キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/青/AP20/DP20
【制服】/【メガネ】
このカードが登場した場合、デッキの上のカード1枚を表にする。表にしたカードが【メガネ】を持つキャラの場合、手札に加えることができる。
[メイン/両方]:[青2]このカードと同じ特徴を持つ自分のキャラ1枚のAP/DPの値を、ターン終了時まで50/50に変更する。
(伊波ちゃんがね、もうすぐテストだから見てあげてるの。)

《秋山 澪(337)》
キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/青/AP0/DP0
【制服】/【メガネ】
[メイン/両方]:[1]このカードは、自分の【メガネ】を持つキャラ1枚につき、+10/+10を得る。
(ど、どうかな?)

《沙英(068)》
キャラクターカード
使用コスト3/発生コスト2/青/AP30/DP30
【メガネ】
このカードは、このカード以外の自分の【メガネ】を持つキャラが登場するごとに、ターン終了時まで+10/+10を得る。
(ここはわたしに任せて。)

《羽川 翼(014)》
キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/青/AP20/DP20
【制服】/【メガネ】
このカードは、【メガネ】を持つキャラのコストとして使用する場合、発生コスト+1を得る。
(学校の先生とかには、まだ秘密にしておいてね。言ったら、きっとびっくりしちゃうんじゃないかと思うから。)

《真鍋 和(239)》
キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/青/AP10/DP20
【制服】/【メガネ】
このカードは、このカード以外の自分の【メガネ】を持つキャラが3枚以上いる場合、+20/+20を得る。
(がんばってるのね。)

デッキ構成

キャラクターカード

唯一のコスト5の【メガネ】キャラ。同じ特徴のキャラがアプローチに成功すればドロー。【メガネ】キャラが登場すれば自身を強化できる。
使用するたびにコストはかかるが、そのかわりに莫大なAP・DPを得ることができる使用型テキストを持つ。
登場時にデッキの上を見て【メガネ】キャラであれば手札に加えることができる。《ゆの(004)》と同じ効果。
また、青2コストを消費することにより、同じ特徴を持つキャラクター1枚のAP/DPを50/50に変更できる。
条件を満たした《真鍋 和(239)》や、《小鳥遊 一枝(093)》に使用すると70/70になる。
強力な効果を持つファッティ。各種自由登場キャラと組み合わせることで、自由なタイミングで効果を使用可能になる。
手札交換、AP・DPのどちらかを10アップさせる効果を持つ。
【メガネ】キャラのコストにする時のみ発生コストが3になる。
他の【メガネ】キャラが3枚以上いればファッティ並みのサイズになるちびキャラ
テキストは異なるが、条件は同じ。
自分メインフェイズ以外でも登場できる能力を持つ。
アプローチフェイズ登場させることで《沙英(068)》のAP・DPを上げたり、《羽川 翼(017)》のテキストを使用することができる。
自分メインフェイズ以外でも登場できる逆境効果、登場した時に自分キャラ1枚の使用コストを2増やし、活動状態に戻す効果を持つ。
自分メインフェイズ以外でも登場できる効果、登場した時に自分キャラ1枚の使用コストを2増やす効果を持つ。
お互いのキャラ登場するたびにAPDPが10上昇する効果を持つ。コンビなのでコストの支払いには注意。
自分の【メガネ】キャラが登場するたびにAP・DPが上昇していく。《羽川 翼(014)》1枚のコストから登場できる。
アプローチに参加した場合退場しない《羽川 翼(017)》の効果などによりAPを上昇させアプローチすることで強力なアタッカーに。
このカードと同じ特徴(【水着】【メガネ】【生徒会長】)を持たないキャラ妨害された時に退場しない。相手のメインエリアに同じ特徴持ちがいない場合、《マジョーリカ・ル・フェイ(045)》と同じ能力となる。
このカードと同じ特徴自分キャラがいる時に手札使用コストが3減る(0コストになる)効果を持つ。<メガネ>では実質0コストキャラ
サーチ効果を内蔵した3コストキャラ。サーチ範囲はデッキの上3枚と狭いが、最大2枚サーチできる点が強力。《羽川 翼(014)》1枚のコストから登場できる。
サーチ効果を内蔵した1コストキャラ。AP・DPは低いが、発生コスト2で手札で腐りにくい。
登場した時に自分捨て札置き場にあるキャラ5枚をデッキ回収し、シャッフルする効果を持つ。
<デッキデス>対策に。
《バックステージパス》と組み合わせて使用する定番のドローソース。
《バックステージパス》とのコンボだけでも十分強力だが、このデッキではそれに加えて特徴の【メガネ】も生かすことができる。
デッキの上5枚から選んで2:2交換することのできる手札交換カード。
自分【メガネ】キャラ1枚のAPを10上昇させる使用型テキスト効果を持つ。
このカード自身は【メガネ】を持たないので注意。
デッキ圧縮を行えるほか、《真鍋 和(239)》などの効果が使いやすくなる。
1ターンに1度、タップすることでピーピングデッキ操作ができる。
《山中 さわ子(038)》《種島 ぽぷら(075)》と相性が良い。
ドロー加速およびデッキ操作をすることができるサポートキャラ。
デッキの一番上のカードが【メガネ】を持つキャラなら手札に加えられる。
このデッキに入るカードの少ないであり、確実性も低いためやや使いづらい。
妨害時にAPかDPを強化できる。
登場させるだけで2枚もサルベージ可能。

イベントカードサポートカード

【メガネ】キャラ1枚のAPDP強化+デッキトップ確認。
特徴統一デッキでは決め手となるイベント。【メガネ】を指定することで全てのキャラのAP・DPを上げることができる。
《山中 さわ子(038)》を使うなら。
《秋山 澪(337)》の使用型テキストと同じ効果を持つイベントカード。
使用条件が【メガネ】であるイベントカード。このターンに登場したアクティブを持つキャラ1枚を休息状態にし、ターン終了時デッキから1枚カードを引く効果を持つ。
アクティブメタカード
【メガネ】キャラ専用の《お見舞い》
全体強化が可能なコンバットトリック

派生デッキ

<唯&和>

<平沢 唯>の要素を加えた混合デッキ。平沢 唯真鍋 和のシナジーを利用して戦う。
上記のカードと次のカードを組み合わせる。

自分のキャラが登場するごとに+10/+10される。使い方は《沙英(068)》と同じ。
相手メインフェイズに登場させることで、《沙英(068)》《平沢 唯(P004)》のAP・DPを強化しつつ平沢 唯1枚を活動状態にできる。
登場時に1ドローできるコンビキャラ。発生コストの小さい《平沢 唯(324)》《真鍋 和(236)》をコストにして登場できる。

弱点

AP/DPを上昇させるタイミングがメインである効果が多く、アプローチを封じられると無力。リセット効果を持つイベントやキャラにも弱い。
また効果を使用するためのコスト消費が激しく、手札・コスト不足に陥りやすい。

関連項目