《森野 亮士(014)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《森野 亮士(014)》

キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト1/赤/AP50/DP40
【御伽銀行】/【制服】
〔アクティブ〕
このカードは、相手のキャラが登場した場合、手札に戻す。その場合、カードを2枚引く。
(見ないで、見ないで~!!見ないで欲しいッス~!!)

オオカミさんと七人の仲間たちで登場した色・【御伽銀行】【制服】を持つ森野 亮士ファッティのひとつ。<森野 亮士>では必須カード。
アクティブ相手キャラ登場した手札に戻りデッキから2枚カードを引く効果を持つ。
初のAP50を誇るカード。さらにアクティブを持つので奇襲が可能。
相手キャラが登場するとバウンスしてしまうが、その際に2枚もドローできるためデメリットは皆無。
この時に引いたカードが2枚とも発生コスト2であれば、実質ノーコストも同然。
AP・DPが非常に高く、特に強化をしなくても大抵のキャラを一方的に退場させられる。
その上アクティブを持つため、アプローチや妨害される前にバウンスさせようにも間に合わない。
自由登場キャラで簡単にバウンスしてしまうものの、ドロー効果があるため決して安心できない。
アタッカー、ドローソース、フィニッシャーを兼ね備える、非常に強力なカードと言える。

カードイラストは書き下ろし。フレーバーは第1話「オオカミさんと御伽銀行の仲間たち」での亮士のセリフ。

対策

AP50・DP40という高い能力とアクティブ、さらに自身の効果でバウンスした時にドロー加速ができるこのカード。
場に出るだけで恐るべき制圧力を持つこのカードの対策法を挙げる。
  1. AP40以上のキャラで相打ち
    倒してしまえば、バウンスからの2枚ドローはできない。相手コンバットトリックには注意。
  2. バウンス
    ドロー効果が発動するのは自身の効果でバウンスした時のみなので、こちらからバウンスすれば恐れることはない。
  3. 《八九寺 真宵(029)》《汽口 慚愧(028)》・《つまみ食い》
    アクティブメタカード登場したターンのアプローチ封印できるため、被害を最小限に抑えられる。
  4. 《嫉妬》
    登場自体を無効化させる。ただしコスト4と非常に重い。
  5. 《カモフラージュ》+ファッティ
    元々のAP・DPが高いため、《カモフラージュ》相手の弱体化に使う。ファッティはAP・DP40であるため、返り討ちにすることができる。
  6. 《中野 梓(255)》
    効果が使えればこのカードのAP・DPを上回るので倒せるようになる。
  7. 自由登場キャラ
    2枚ドローされるがバウンスするので、1ターン凌ぐことができる。

このように対策自体は割とあるのだが、いざ登場されるとなかなか対処できず、大きな被害を受けやすい。

FAQ

Q.自分のデッキが1枚の状態で相手がキャラを登場させた場合、自分の場のこのカードは手札に戻りますか?
A.いいえ、その場合以降の効果を解決できないため、手札に戻りません。

関連項目


収録