<天然>

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<天然>

天然および妨害されない効果を持つキャラを軸としたビートダウンデッキ
はまると一気に勝負をつけられてしまうため、大会に出るなら対策必須の強力なデッキである。

《平沢 唯(322)》
キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/赤/AP20/DP20
【制服】/【ドリル】
〔天然2〕
[メイン/自分]:[2]相手のキャラ2枚は、ターン終了時まで使用コスト-2を得る。
(電動ねじ回し、バァンバァン! はい、二人は死にました。)

《平沢 唯(011)》
キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト1/赤/AP40/DP30
【音楽】
〔天然(2)〕
このカードのアプローチでポイント置き場に置かれるカードは裏向きの状態で置かれる。
(絶対大丈夫だよ、がんばろう!)

《なずな(012)》
キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト1/赤/AP30/DP40
〔天然2〕
このカードがアプローチでポイントを与えた場合、自分の捨て札置き場にあるキャラ1枚を手札に戻すことができる。
(美術科のみなさんうらやましいなって。)

《ミニイカ娘(046)》
キャラクターカード
使用コスト3/発生コスト2/赤/AP0/DP40
〔天然2〕
このカードは、相手の使用コスト4以上のキャラには妨害されない。
(ゲッソ、ゲッソ♡)

デッキ構成

キャラクターカード

デッキの中心となるカード。相手キャラ2枚の使用コストを2下げる使用型テキストを持つ。
天然を持つファッティ。ポイントを与える場合そのカードを裏向きで置く。
天然を持つファッティ。ポイントを与えた場合キャラ1枚をサルベージできる。
天然を持つファッティアプローチに参加したターンの終了時に活動状態になる。
使用コスト3以外のキャラに妨害されない。
相手の場の使用コスト3のキャラが2枚以下なら、そのキャラに《平沢 唯(322)》のテキストを使うことで確実にポイントを通せる。
天然を持つコンビキャラ。登場時効果により天然3・アクティブで奇襲できる可能性を秘めている。

イベントカードサポートカード

テキスト使用済みの《平沢 唯(322)》を手札に戻して場に出しなおすことで再度テキストを使用可能にする。
コストはかかるものの、相手キャラ4枚の使用コストを下げることで一気に勝負を決めに行ける。
相手キャラ2枚の使用コストを下げる。ひだまりスケッチを中心にするなら。
天然を付加するサポートカードセットするとAPDPが下がるので注意。
手札の枚数分妨害されなくする。ドローギミックが必要。

主なタイプ

《平沢 唯(322)》が中心となる点は共通だが、主なタイプとしては《鹿目 まどか(015)》《ゆの(203)》などを使ったウィニーよりの展開力を重視したタイプ、
《ミニイカ娘(046)》《るん(001)》などを使った妨害を回避する性能を高めるタイプ、
天然持ちファッティを多めに使い妨害時にアプローチで勝てるようにしたタイプなどが存在する。
ウィニー型はブン回りやすく、相手が対抗策を引くまでの猶予が非常に短いが《平沢 唯(322)》依存が強く除去されると非常に辛い。
反面、妨害回避を重視したタイプ、ファッティを使うタイプは《平沢 唯(322)》依存は小さくなりやすいが展開が遅くなりやすい分、相手に対策を引かせる猶予を与えてしまうというデメリットもある。

弱点

非常に強力なデッキだが、それゆえに多くのプレイヤーに対策されておりメタカードを使用される可能性も高い。
キャラの使用コストを上げる《次期軽音部部長!?》、〔天然2〕キャラのアプローチを止めてくる《忍野 メメ(083)》などには特に注意したい。

関連項目