《黒猫(033)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《黒猫(033)》

キャラクターカード
使用コスト5/発生コスト1/青/AP40/DP50
【コスプレ】/【オタク】
このカードがアプローチに参加した場合、手札1枚と、自分のポイント置き場にあるキャラ1枚を置き換えることができる。
自分のポイント置き場に【オタク】を持つキャラが置かれた場合、自分の【オタク】を持つキャラ1枚を活動状態にすることができる。
(「兄さん」もよくあなたの傍若無人に付き合っているものね。)


1つ目の効果は、アプローチ時に手札ポイント置き換えることができる効果。
送る手札は何でもよいが、ポイントキャラクターカードのみなので要注意。
ポイント置き場表向きのカードを置き換える場合は手札から表向きに置き、裏向きのカードを置き換える場合は手札から裏向きに置く。
ポイント置き場に落ちた強力なキャラを手札に戻したり、2つ目の効果(後述)のために【オタク】キャラを送ったり、ポイント置き場で効果を発揮する《沙英(070)》のようなカードを送るのが主な使い方だろう。

2つ目の効果は、ポイント置き場【オタク】キャラが置かれた時に【オタク】キャラ1枚を活動状態に戻す効果。
これにより後続のアプローチを防ぐことができる。
ポイント置き場及びのキャラ共に【オタク】が必要な点には注意。

1つめの効果を使ってポイント置き場【オタク】キャラを置いた場合も、2つ目の効果を使用できる。
これにより自身や他の壁役の【オタク】キャラを活動状態にでき、アプローチ後の隙が減らせる。
コスト5と非常に重いが、その分効果・ステータスは強力。
<オタク>では切り札として投入したい。

カードイラストは描き下ろし。フレーバーは第12話「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない」での黒猫のセリフ。

FAQ

Q.手札ポイント置き場置き換えるカードに裏表の指定がありますか?
 [例]:裏向きのキャラを回収して手札から表向きに置く。
A.手札に加えるカードには表裏の指定はありませんが、表向きのカードを手札に戻した場合、手札からポイント置き場に表向きに置きます。
また、裏向きのカードを手札に戻した場合、手札からポイント置き場に裏向きに置きます。
Q.1つ目の効果で手札【オタク】キャラをポイント置き場に置いた場合、2つ目の効果は発動しますか?
A.はい、発動します。

関連項目


収録