常駐型テキスト

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

常駐型テキスト

カードに書かれたテキストのうち、使用型テキストではないテキスト。
テキスト内にある条件を満たした場合、自動的に発動する。
自動能力、永続効果、アビリティなどと呼ぶとわかりやすい人もいるかもしれない。
一般的なTCGにおける永続効果(存在するだけで永続的に効果を発揮する)と誘発効果(指定の条件を満たしたタイミングで効果が発動する)がひとまとめにされている。

常駐型テキストのうち、「~した場合」と記されたテキストは1ターンに1度しか起動しない。ただし、「~するごとに」と記されたテキストのみ1ターンに何度でも起動する。
誘発強化等は、状況の変化に応じて1ターン中何度でも有効・無効が切り替わる。

FAQ

  • Q.「このカードが登場した場合、~~をする」というキャラカードは、「~~をする」が実行できない場合登場させることはできるのでしょうか?
  • 例:とらドラ! 《木原 麻耶&香椎 奈々子(093)》の「このカードが登場した場合、手札1枚をデッキの上に戻す。」
    • A1.はい、登場させることができます。「このカードが登場した場合、~~をする」の部分が解決されないだけで、登場自体は行えます。
    • A2.もし、01-093「原 麻耶&香椎 奈々子」が手札の枚数が0枚の状態で登場した場合は 戻す手札が無いので、登場はできますが、登場時の効果は解決されません。手札が1枚以上ある場合は、手札を1枚選んで必ずデッキの上に戻す必要があります。(2012/09/11)

関連項目