《お菓子の魔女》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《お菓子の魔女》

イベントカード
使用コスト0/発生コスト2/黄
[アプローチ/相手]相手のキャラ1体は、ターン終了時まで±0/-10を得る。その場合、デッキの中を全て見て、その中にある「不覚」1枚を抜き出し、表にしてから手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。このターン、自分が次にプレイする「不覚」は、使用コスト-3を得る。

魔法少女まどか☆マギカスペシャルパックで登場した色のイベントカード
相手キャラDPを10減少させ、デッキから《不覚》1枚をサーチしてデッキシャッフルし、次にプレイする《不覚》使用コストを3減らす効果を持つ。
巴 マミに対する強烈なメタカード
相手の巴 マミがアプローチに対して発動すれば、コスト0になった《不覚》で確実に除去することができる。
手札1枚の消費だけで相手巴 マミを確実に倒せるのは限定的ながらかなりの脅威。
なお、単純にDPを弱体化させるコンバットトリックとしても使用可能。
相手巴 マミを使わないデッキだった場合や、デッキ《不覚》がなくても腐ることはない。
巴 マミと遭遇しやすい『魔法少女まどか☆マギカ』単のシングルなら採用できなくもない。

カードイラストは第3話「もう何も恐くない」のワンシーン。
「お菓子の魔女」。第3話で登場した魔女であり、ファンからは「シャルロッテ」と呼ばれている。
無限にお菓子を生み出すことができるが、大好物のチーズだけは生み出せない。
そのため使い魔にチーズを探させている。
イラストではかわいい外見だが、その中には真の姿が隠れている。
巴 マミを殺した張本人で、油断したマミに真の姿を表し、そのまま頭から喰いちぎった。
そのかわいさから魔女の中では断トツの人気を誇り、多くのグッズが販売されている。

関連項目


収録