《ドナドナ》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ドナドナ》

イベントカード(メモリーズカード【シングル/MTL/ミックス】)
使用コスト0/発生コスト1/緑
[メイン/自分]:自分の捨て札置き場にあるカード3枚をデッキに戻し、デッキをシャッフルする。その場合、自分の捨て札置き場にある『電波女と青春男』のキャラ1枚を手札に戻すことができる。
(乗り心地はどうっスか?運ばれてゆく牛の気分だね。)

電波女と青春男で登場した色のイベントカード<ドナドナデッキデス>のキーカード。
自分捨て札置き場のカード3枚を回収してデッキシャッフルし、自分捨て札置き場『電波女と青春男』キャラ1枚をサルベージする効果を持つ。
ノーコストで3枚のカードを回収でき、さらに『電波女と青春男』キャラ1枚をサルベージできるのは非常に強力。
捨て札置き場に3枚のカードがないと発動できないが、条件は難しくない。
回収するカード指定がないため汎用性は高く、<デッキデス>対策としても強力。

ただでさえ強力な上に無限ループコンボが発見され、それを利用した<ドナドナデッキデス>が発売前から懸念されていた。
…が、結局 発売日当日にMTLミックスではメモリーズカードに指定された。
そのため、テストプレイをロクにしていないと言われる際に真っ先に槍玉に上がるカードになってしまった。
回収するカードに何らかの指定さえあればこのような事態にはならなかったのだが…。
ミックス禁止なので、結果的には回収カードに指定がついたとも言える。
ちなみに、『けいおん!』以外では初のメモリーズカードとなった。

その後も規制されなかったシングルでは猛威をふるっていたが、ついに2013/11/29でシングルでもメモリーズカードに指定された。
これにより 完全禁止カード となり、一切使用できないカードとなってしまった。
上記の事件のこともあり、存在自体がプレメモの汚点となっていたこのカードは完全に姿を消す形となった。

カードイラストは版権絵。フレーバーは第11話「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」の前川さんのセリフ。

関連項目


収録