《本間 芽衣子(026)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《本間 芽衣子(026)》

キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/緑/AP0/DP0
【超平和バスターズ】
このカードは、自分の「宿海 仁太」と「安城 鳴子」と「松雪 集」と「鶴見 知利子」と「久川 鉄道」がいる場合、〔天然3〕、+50/+50を得る。
[メイン/自分]:[0]このターン、自分が次にプレイする【超平和バスターズ】を持つキャラ1枚は、使用コスト-1を得る。
(だーいじょーぶー。めんまの最近は楽しいことばっかー、です、よー。)


1つ目の効果は誘発強化
そのままでは弱いが、超平和バスターズのメンバーがすべて揃えば驚異のAP・DP50の天然キャラとなる。
凄まじく厳しい条件を持つ。このカードを含めた6人を全て場に揃えるのは並大抵のことではない。
狙うのであればコンビカードを多めに入れたり、デッキの回転を重視した構築にするのが有効。
条件を満たした後は誰一人メンバーが欠けないようなプレイングを心がけたい。
とはいえ50/50のこのカードが立っていればかなりのプレッシャーになるのでその点は問題ないだろう。

2つ目の効果はコスト軽減効果。
【超平和バスターズ】限定だが、登場コストを軽減することが可能。
奇数コストのキャラなら消費する手札を減らすことが出来る。
偶数コストであっても発生コストが1のカードで登場できるようになるので、手札事故を非常に起こしにくくできる。
使用型テキストなので毎ターン使え、1つ目の効果を発動させやすくなる。

両方の効果のかみ合わせが少々悪く、2つともを存分に活用するには相当な腕が必要となる。
「全員を場に揃えたいけど、0/0のカードをメインエリアに出したくない」という場面も予想されるため、
そういう時はサポートエリアに出してコスト軽減に使うのが良いだろう。

<超平和バスターズ>には採用して損はない。

カードイラストは版権絵。フレーバーは第4話「白の、リボンのワンピース」でのめんまのセリフ。

関連項目


収録