<デッキデス>

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<デッキデス>

デッキ破壊を行い、勝利条件の一つであるデッキ切れを勝ち手段とするデッキ
相手のデッキを破壊するカードと、《ランチタイム》を駆使して残りデッキ枚数に差をつけていくことになる。

けいおん!環境下では、待ち有利なカードプールになっているので、攻める必要のないこのデッキはコンセプト段階で有利であった。
APDPが40のキャラを並べ、ひたすら待ちながらプレイするのが基本。
《琴吹 紬(080)》《休日の過ごし方》などのポイント回復なども選択肢として優秀。
ただし、相手にアドバンテージを与えつつプレイングすることになるため、勝利を狙うにはイベントの使用タイミングを慎重に読んだり、自分のデッキ枚数から相手のデッキ枚数を推察するなど緻密な戦略が必要となる。

《シャルル・ド・ダルタニアン(093)》
キャラクターカード
使用コスト3/発生コスト1/青/AP40/DP30
【剣姫】/【サムライ】
このカードがアプローチに参加した場合、相手のデッキの上のカード2枚を捨て札にする。
(分かっていた――お前たちは必ずここへ来ると。)

《新垣 あやせ(043)》
キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/青/AP30/DP0
このカードが登場した場合、相手のデッキの上のカード3枚を捨て札にする。
(え? お仕事あったっけ?)

《戦場ヶ原 ひたぎ(006)》
キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト1/青/AP40/DP30
【制服】/【怪異】
このカードのアプローチで相手のキャラが退場した場合、相手のデッキの上のカード4枚を捨て札にする。

《錆 白兵(042)》
キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト1/青/AP40/DP30
【剣士】/【完成形変体刀】
[アプローチ/自分]:[0]4枚以上の手札を全て捨て札にする。その場合、このカードを妨害している相手のキャラ1枚を捨て札にする。その後、相手のデッキの上のカード10枚を捨て札にする。

《不法侵入》
イベントカード
使用コスト2/発生コスト1/緑
[アプローチ/相手]:相手のデッキの上のカード2枚を捨て札にする。
(窓から侵入して忍び込んできた!?)

デッキ構成

まずは《戦場ヶ原 ひたぎ(006)》《錆 白兵(042)》など、どのカードを中心とするか決めるといい。

<不法侵入デッキデス>

キャラクターカード
キーカード。アプローチするだけで2枚分のデッキ破壊が行える。AP・DPも高く退場しにくい。
相手デッキの一番上を確認し、それがイベントカードであればなんと5枚分のデッキ破壊が行える。
待ちが主体となるので、このカードのデメリットはほぼ無視できる。使用コスト・発生コストともに2なのが大きな魅力。
基本的に使い捨ててしまって問題ない。
互いに1ドローなので、僅かながらに相手のデッキを削れる。基本的にソース用だが、余裕のある時に。
キーカードが落ちた時の保険に。
あると相手の奇襲に対応可能。

イベントカード
相手のデッキの上2枚を破壊する。4枚使えば相手のデッキを8枚削れる計算になる。
このデッキの中核となる直接的デッキ破壊が行える。
コスト0のデッキ破壊カード。自分も被害を受けるが実質2枚分のデッキ破壊。
キャラしか捨て札にできないが、ピーピングもできる優秀なカード。
互いに2枚ドローする。4枚使えば相手のデッキを8枚削れる計算になる。
ただし考え無しに使うと相手に多大なアドバンテージを与えることになるため、終盤の詰めに使っていきたい。
ミックスではメモリーズカードなのでシングル専用。
自分のデッキ回復。これで相手のデッキより先に自分のデッキが切れることを防ぐ。
《合宿!》メタ。相手のデッキを正面から受け切る必要があるので、ほぼ必須。
相手キャラ1枚を休息状態にする。さらに相手に1枚ドローさせる。
待ちゲーを形成する原因。待ちゲーになるこのデッキでは当然必須。
守りを固めるなら。

<ひたぎデッキデス>

ビートダウンをしつつデッキ破壊が可能なタイプ。
キャラクターカード
必須カード。自分の戦場ヶ原 ひたぎアプローチに参加すればデッキの上2枚を破壊する。
このデッキの中核となる直接的デッキ破壊が行えるキャラ。
自分の捨て札置き場にある戦場ヶ原 ひたぎまたは神原 駿河テキスト効果を得る事が出来る。
状況に応じて《戦場ヶ原 ひたぎ(202)》《神原 駿河&戦場ヶ原 ひたぎ(209)》などを使い分けたい。
メインアタッカー。このカードのアプローチ参加で、相手の手札からのカードのプレイを封印する。
相手の休息状態のキャラ1枚をバウンスする。
手札に戻すキャラは相手が選択するので、メインアタッカーのみが休息状態の時に登場させたい。
《ランチタイム》内蔵のキャラ。自分のデッキを回復し、効果使用後はチャンプブロックに。
イベントカード
相手のイベントカードを封印できる。相手のサポートや妨害効果を完全シャットアウトする。
相手キャラ1枚を休息状態にし、1枚ドローさせる。
必須カード。相手のデッキの上3枚を破壊する。

<錆デッキデス>

上記のカードと次のカードを組み合わせる。
キャラクターカード
必須カード兼切り札。手札を4枚以上コストにできればなんとデッキの上10枚を破壊できる。
たった1枚で莫大なアドバンテージを稼げ、フィニッシャーにもなりうる。
このデッキの中核となる直接的デッキ破壊が行えるキャラ。
コストに必要な手札は《露天風呂》などで確保しよう。
アプローチするだけでデッキの上1枚を破壊できる。
削れる枚数は少ないが、AP40と高くプレッシャーを与えられる。
ノーコストで相手に1枚ドローさせる。
元のDPが50あるので壁役に。
イベントカード
相手の手札2枚を交換させる。
キャラ1枚のAPを0、DPを50に変更する

派生デッキ

<サンタ>

【サンタ服】キャラを中心としたデッキ。

<デッキデス1キル>

無限ループコンボを使い、1ターンで相手のデッキを全て削るデッキ。

弱点

相手はデッキにある全てのカードを使えると言って間違いない。流行のデッキに対するメタは十分に張ろう。
また、相手のデッキが切れるまで戦うので、必然的にゲーム時間が長くなりがち。
そのため、大会等、時間制限のある場では使いにくい。相手のプレイングが遅めだと、違反にならない程度の遅延ですら時間切れの危険がある。
相手に《ランチタイム》《阿良々木 暦(058)》などのデッキを回復できるカードがあると、削り切れずに時間切れとなり得る。

《店内清掃》《みんなでお掃除》《ケーキビュッフェ》などの優秀なデッキ回復手段が増え、<デッキデス>は非常に苦しい立場に立たされている。
捨て札除外する効果や、これらのイベント無効にするカードを準備しておきたい。

補足

ゲームシステムの特性上、他のカードゲームに比べ<デッキデス>が決まりやすい。
少なくとも、何らかの対策を考えておきたい。
なお、2010年12月19日に開催されたプレメモフェスタ2010での公式大会(Aブロック)において、<デッキデス>が優勝した。

関連項目