《宿海 仁太(045)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《宿海 仁太(045)》

キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/緑/AP30/DP10
【超平和バスターズ】
このカードがアプローチに参加した場合、自分のキャラ1枚を活動状態にすることができる。
(いいか、安城。学校ってのはな、一度休みだすと面倒なことになるぞ。)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。で登場した色・【超平和バスターズ】を持つ宿海 仁太
アプローチした時に自分キャラ1枚を活動状態に戻す効果を持つ。
自分キャラを次の相手ターン妨害に回せるので、APDPの高いキャラを選択すれば効果的。
同じ効果を持つ《鹿目 まどか(055)》と比べると、天然がない代わりにAPが30と高い。
《鈴木 純(361)》《後藤 又兵衛&徳川 千(053)》は似た効果を持つが、あちらは強制効果。
後に妨害時にも対応した《メオ(082)》が登場した。

カードイラストは第7話「ほんとのお願い」のワンシーン。フレーバーはその時の仁太のセリフ。

関連項目


収録