<学園祭>

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<学園祭>

【学園祭】をメインとするテーマデッキ
さまざまな支援カードを駆使し勝利するのがコンセプト。
基本的には【音楽】を駆使するデッキとあまり変わらない。
うまく展開できれば爆発力は<ファッティ>をも凌ぐ。

序盤は《真鍋 和(083)》などでキーカードをサーチし、場を整えながら相手を追い詰めてゆき、強力な切り札カードで勝負を決めるのが基本戦術。

《平沢 唯(220)》
キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト1/赤/AP30/DP30
【学園祭】/【音楽】
このカードは、このカード以外の自分の【学園祭+音楽】を持つキャラが4枚以上いる状態でアプローチに参加した場合、ターン終了時まで+30/+30を得る。
(ねぇねぇ、これにしようよ。)

《秋山 澪(035)》
キャラクターカード
使用コスト3/発生コスト2/青/AP30/DP30
【学園祭】/【音楽】
このカードを妨害しているキャラは、ターン終了時まで-10/±0を得る。
(やっぱ、こんなカッコで出なきゃいけない?)

《田井中 律(057)》
キャラクターカード
使用コスト3/発生コスト2/黄/AP30/DP30
【学園祭】/【音楽】
このカードを妨害しているキャラは、ターン終了時まで±0/-10を得る。
(今こそ、練習の成果を見せる時だぜ!)

《学園祭!》
イベントカード
使用コスト0/発生コスト1/赤
《使用条件》:このターン、自分の【学園祭】を持つキャラが相手にポイントを与えている。
[アプローチ/自分]:カードを2枚引く。
(今いるこの講堂が、わたしたちの武道館です!)

デッキの構築

キャラクターカード

切り札カード。このカード以外の【学園祭】+【音楽】キャラが4枚以上必要だが、アプローチ時にAPDP60と脅威の能力を持つ。
必須パンプカード。全ての【学園祭】+【音楽】キャラのAPを10上昇させる。自分ターン限定だが、永続効果なので非常に強力。
ドローカード兼アタッカー。デッキ構成上【音楽】を持つカードが多いので効果を生かせる。効果をつかった後もアタッカーとして活躍する。【学園祭】サポートは受けられない。
主力アタッカー。自身の効果で大抵のカードを倒せる。サポート次第でファッティも突破できる。
【学園祭】キャラがアプローチに成功するたびにソースを確保できる。
条件付きで《平沢 唯(012)》登場にかかるコストを2下げる。AP・DPも安定し腐らない。
一回のみ味方のAPを+10するカード。自身もファッティと渡り合える十分なAPを持つ。
ドローカード。普通に使うとディスアドバンテージになるが、いざとなれば壁になれる。
また、【音楽】持ちなので、サポートエリアに移動した後も《ふわふわ時間》発動補助になる。
《バックステージパス》と組み合わせることにより、毎ターンドロー可能。
サーチカード。キーカードはこれで手札に加えよう。
戦力の増強に。【学園祭】サポートを受けられない点では注意。

イベントカード

捨て札になったキーカードを回収できる。
定番のカウンターカード。強いカードも返り討ちにできる。
全ての【音楽】キャラのAP・DPを10上昇する。【音楽】を併せ持つカードに。
活動状態に戻し、2回アプローチを可能とするカード。
条件付きだが、回復サルベージを一度にこなせるカード。
【学園祭】キャラでポイントを与える必要があるが、優秀なドローカード。

派生デッキ

<ふわふわ時間>

《ふわふわ時間》に関するカードをフルに活用するデッキ。<学園祭>との相性は抜群で、お互いにシナジーがある。

このデッキを組む際は、上記のカードに以下のカードを加えるといい。

必須カード。ポイント置き場のカード1枚と手札のカード1枚を入れ替える。各キーカードの発動条件。
切り札の一枚。《ふわふわ時間》を使えばポイントを2倍与えられる。AP・DPも30と高め。
《ふわふわ時間》をサーチするカード。
《ふわふわ時間》を使えば【学園祭】キャラにアクティブを与え、APを10上げることができる。
《ふわふわ時間》を使えば自分のキャラ1枚を活動状態にできる。
味方全員のAP・DPを+10する強力なカード。自身のAPも高い。
《平沢 唯(013)》の効果の成功率を上げることができる。
デッキの中核となる《平沢 唯(012)》《平沢 唯(013)》を2コストで展開できるのは魅力。
上記カードを入れるときは数枚入れると意外な活躍を見せる。発生コストが2なので腐りにくいのも利点。

<学園祭ワンショット>

《平沢 唯(013)》を中心とする<ワンショット>
下記カードのコンボで、1ターンキルを狙うのがコンセプト。

切り札の一枚。《ふわふわ時間》+《もういっかいっ!!》のコンボで4ポイント与えられる。
必須カード。活動状態に戻し、2回アプローチを可能とするカード。主に《平沢 唯(013)》に使う。
《平沢 唯(013)》の効果を使うのに必須。
妨害を防ぐカード。
ドロー加速。《駄々っ子》の効果を使うには必須。
ワンショットデッキでは必須カード。相手の反撃をシャットアウトする。

<HTTシャツ>

【HTTシャツ】キャラを中心としたデッキ。

弱点

このデッキの大きな弱点は、手札事故である。
使用コストが3以上、発生コスト1のカードが多めであり、実質的に<ファッティ>と同程度に重い。
妨害能力が低い以上相手が場を整える前に攻めたいのだが、この重さ故にそれも叶いにくい。
また、コンボデッキの宿命としてキーカードが多く、特に<ふわふわ時間>型はデッキ回りが悪くなりがち。

キーカードは軒並み高いレアリティに設定されており、構築にかなりの資産が必要となるのもネック。
けいおん!スターターデッキPart2の登場により、集めにくさはある程度改善された。
しかしレア度4のカードは収録されておらず、レア度3も《平沢 唯(013)》《秋山 澪(036)》のみであるため依然主要カードの集めにくさは変わらない。

補足

2010年12月に行われたプレメモフェスタ公式大会のBブロックで《打ち上げ》を主体とした<学園祭>が見事優勝した。
なお、デッキレシピは2011年1月14日現在載ってあるので、参考にしてみるといい。
けいおん!!Part1コスト1の【学園祭】キャラが登場し若干軽くなった。しかし、【音楽】を持っていないため使いづらい。

関連項目