コンバットトリック

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンバットトリック

アプローチ及び妨害宣言後に使用できる、バトルの計算を狂わせる行動、またはそれを行うことのできるカードのこと。
計算を狂わせる、つまり「相手にはわからない」手でないとならないため、必然的に手札から使用できるものに限られる。
基本的にはAPDPを変動させるものと考えてよい。
強化・弱体化効果を持ち、かつ発動タイミングがアプローチフェイズイベントカード自由登場キャラ、《ふじおか》がこれに該当する。

相討ち狙いをDP上昇で回避したり、一方的に倒されるはずの局面をAP上昇で相討ちにしたり。
相手のアプローチ宣言後に休息状態のファッティを活動状態にしたり、キャラクターを出したり。
相手の活動状態のキャラクターを減らしてアプローチまたは妨害の頭数を減らしたり。
そういう行動の総称である。

的確なタイミングで決めることによって、ゲームの流れを大幅に引き寄せることができる。
この手の「場」をきちんと形成するTCGにおいては、重要な要素である。

《ふじおか》の登場により、キャラクターカードイベントカードサポートカードの全てにコンバットトリックが存在するようになった。

関連項目