《校長先生(021)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《校長先生(021)》

キャラクターカード(サポート)
使用コスト0/発生コスト1/赤
【教師】/【校長】
このカードが登場した場合、自分の【制服】を持つキャラ1枚はターン終了時まで+20/±0を得る。
(吉野屋先生、次の授業の準備はどうしたんですか?)

ひだまりスケッチで登場した色・【教師】【校長】を持つ校長先生
登場したターンの終了時まで自分【制服】キャラ1枚のAPを20上昇させる効果を持つ。
【制服】キャラはファッティを含め多数存在する上、このカードはコスト0であり手軽な突破口を開く糸口にしやすい。
ただし、発動タイミングが「登場した時」なので、効果発動後は邪魔なカードとなってしまう。
2枚目以降を出すには自力でサポートエリアのこれを除去しなければならず、手札コストにしようにもソース1なので使いづらい。
間違っても《着ぐるみの恐怖》除去してはいけない。2枚目が登場してしまう可能性があるからである。
このように欠点も多いが、【制服】を多く採用するデッキへの採用の価値は十分にある。

このカードゲーム初の男性キャラである。
公式には「Are Girls Character Card Game. Memories with everyone were collected.」と、女性キャラしか登場しないようなコピーがある。
しかし、「メインは女性キャラであり、男性キャラは脇役」と考えるとこのカードがサポートキャラであることに納得がいかなくもない。
しかし、化物語でメインエリアに出せる阿良々木 暦が登場したのでこの考えは否定された。
なお、刀語では男性キャラの方が枚数が多い。

カードイラストはひだまりスケッチ×365のキービジュアル。

収録