《シエル(030)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《シエル(030)》

キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト2/青/AP30/DP50
【魔術師】
[アプローチ/自分]:[4]このカードを妨害しているキャラ1枚を相手のデッキの下に移す。
[メイン/相手]:[4]このターン、使用コストの値が2以下の全てのキャラは、アプローチに参加することができない。
(ここからはわたしたちの領域ですから。)

カーニバル・ファンタズムで登場した色・【魔術師】を持つシエル
このカードを妨害している相手キャラデッキの一番下バウンスする使用型テキスト効果、使用コスト2以下のキャラ全てのアプローチ封印する使用型テキスト効果を持つ。

1つ目の効果はバウンス効果。
効果コスト4とそこそこ重い。
基本的にAPが高い相手キャラから妨害され、こちらが退場しそうな時に使えば退場を回避できる。
なるべく高コストのキャラに対して使いたいが、デッキボトムに送るので最悪使用コストが2のキャラ相手でもコスト的には五分五分。
高いDPも相まって2コスト以下のキャラなら何らかのコンバットトリックを使わないとこちらが危険になることも少ないので純粋なコストの数字的には有利な能力である。
もちろん軽くはないので使うかどうかは状況を見つつ、《セブン(069)》などでノーコストで能力を使わずに済むなら極力そう済ませたい。
またルール上、相手が妨害した時点でポイントは入らなくなるので、デッキボトムに移動させてもポイントは与えられない。

2つ目の効果はアプローチ封印する効果。
効果自体は《少女の追想》のに近い。アプローチ限定で、効果コスト4とかなり重いため手軽には使えない。
ではあるがメリットも存在し、発動タイミングが《少女の追想》と同様、[メイン/相手]であるため
発動ターンに相手はアプローチを行うことはない、逆に自分は使用コストの値が2以下のキャラでも妨害することができる。
コストさえあれば毎ターン使えるので、発動さえできれば強力。
各種ウィニー、ウィニー型で組まれやすい<天然>などに対しては場合によってはエンドカードになり、構築次第ではこのカードが出た時点で詰む危険性すらある。

2つとも効果コスト4という莫大なコストを要求するため、使いこなすには工夫が必要。
ただし、基本的に上のテキストはファッティ、下のテキストはウィニーに強い性質上、同時に必要になる場面は少ないとも言えるので相手のデッキや展開を意識した使用をする必要がある。
《シエル(031)》なら1枚で発動できるため、使うならセットで投入したい。

カードイラストは描き下ろし。

関連項目


収録