<神様のメモ帳>

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<神様のメモ帳>

『神様のメモ帳』を中心とするシングルデッキ。
トリッキーな効果やキャラを駆使し、ゲームを進めていく。

《アリス(001)》
キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト1/青/AP40/DP40
【探偵】/【NEET探偵事務所】
[メイン/両方]:[0]自分の捨て札置き場にあるキャラ2枚をゲームから取り除く。その場合、自分のキャラ1枚を活動状態にする。
[メイン/両方]:[0]自分の捨て札置き場にあるイベントカード3枚をゲームから取り除く。その場合、カードを1枚引く。
(ぼくはニート探偵、死者の代弁者だ。)

《アリス(004)》
キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/青/AP20/DP20
【探偵】/【NEET探偵事務所】
このカードは、「アリス」のコストとして使用する場合、発生コスト+1を得る。
このカードは、手札から『神様のメモ帳』のキャラのコストとして使用する場合、発生コスト+1を得る。
(神様のメモ帳……素敵なくらい無責任な言葉だろう?)

《神様のメモ帳》
イベントカード
使用コスト0/発生コスト2/青
[メイン/両方]:デッキの中を全て見て、その中にある『神様のメモ帳』のカード1枚を捨て札にし、そのカードと同じ名称のカード1枚を抜き出し、表にしてから手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。

主なカード

キャラクターカード

指定されたキャラに妨害されない。アタッカーに。
捨て札置き場のカードを除外することでその種類に応じて効果を発動できる。
コスト軽減カード。『神様のメモ帳』キャラ全てに対応。
捨てたアリスAPDPを加算できる。爆発的な強化が可能。
味方を休息状態にした数だけ強化できる。
ポイントソースを確保できる。なんと最大3枚。
デッキトップをピーピングできるカード。
自己再生を内蔵。何度退場してもサポートエリア復活
無条件で味方を場に出せる。大量展開が可能。
登場するだけでデッキ破壊が可能。イベントカードならさらにドローできる。
唯一の天然持ちキャラ。弱体化も可能。
登場させるだけで全体強化が可能。
味方のアプローチ妨害時にポイントソースを確保したり、強化できる。
回収ポイントソース確保を同時に行える。
サーチカード。
アプローチ中はコンバットトリックを完全封殺できる。
サルベージカード。
休息状態になった時に効果を発動するカード。
発動コストが「休息状態にする」ものが非常に多いため、専用コストとして使える。

イベントカードサポートカード

万能サーチカード。『神様のメモ帳』カードと同名カードならサーチ可能。
専用サーチカード。
アプローチ中に使える場に出すカード。追撃が可能。
相手の手札を[ピーピング]]できる。
相手キャラ2枚のアプローチ封印できる。
捨て札置き場肥やしとドローが可能。
味方を活動状態に戻し、さらに大幅な強化が可能。
いきなり妨害要因を確保できるコンバットトリック天然にも対処可能。
条件は厳しいが、2回アプローチが可能。
捨て札になった時にデッキ破壊または捨て札置き場肥やしが可能。能動的に捨て札にできる。

主なデッキ

<アリス>

アリスメインとするデッキ。

<NEET探偵事務所>

【NEET探偵事務所】を中心としたデッキ。

弱点

基本的に捨て札置き場肥やしからのコンボがメインとなるため、デッキ消費が激しく<デッキデス>に弱い。
また、「休息状態にする」を発動コストにするカードがかなり多いため、サポートキャラを多めに展開しておかなければならない。

関連項目