《暁美 ほむら&鹿目 まどか(P011)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《暁美 ほむら&鹿目 まどか(P011)》

キャラクターカード(コンビ)
使用コスト6/発生コスト1/赤/AP50/DP50
【魔法少女】
〔コンビ〕
このカードは、自分のターンの間、+20/+20を得る。
[アプローチ/自分]:[1]このカードは、活動状態になるとともに、このターン、もう一度アプローチに参加することができる。
(……がんばって。)

プロモカードで登場した色・【魔法少女】を持つ暁美 ほむら鹿目 まどかコンビ
自分ターンの間APDPが20上昇する効果、このカード活動状態に戻し、もう一度アプローチに参加できる使用型テキスト効果を持つ。
自分ターンは実質APDP70で、たった1の効果コストで2回アプローチ可能という強力なキャラ。
対抗手段がなければほぼ確実に大打撃を受けてしまう。
妨害しようにもデフォルトでAP・DP70であるこのキャラを返り討ちにするのは難しい。
ただし高すぎるAP・DPが災いし、《カモフラージュ》などのAP・DPを変更するコンバットトリックに弱い。
コスト6のコンビキャラなので非常に出しにくいが、出すことができればかなり強力。
<まどか&ほむら>ではまさに切り札なので是非採用したい。

カードイラストはニュータイプ2011年12月号の版権絵。フレーバーは第12話「わたしの、最高の友達」でのまどかのセリフ。

対策

AP・DP70で2回アプローチ可能という強力すぎる効果を誇るこのカード。
何の対策もしないと大打撃を受けてしまう可能性が高い。
対策法を次に挙げていく。

  1. 《うたた寝》《くやしい、でも……》
    アプローチ自体を封印する。最も安全かつ確実な方法。相手ターンならコスト相応のAP・DP50なので勝機はある。
  2. 《嫉妬》
    コスト6でコンビキャラという出しにくいキャラなので、登場無効にするのはかなり有効。
  3. 《猛暑》
    コンビカードゆえの弱点。誘発強化効果を打ち消せるため妨害しやすくなる。
  4. 《カモフラージュ》
    APDPが非常に高いため、変更する効果によるコンバットトリックには弱い。

確かに強力ではあるものの、アプローチを封じるだけでも大きく状況は良くなる。
しかし対策を怠ると危険なため、<魔法少女まどか☆マギカ>を相手にする時は常にこのカードを警戒したい。

関連項目


収録