コンビ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンビ

このカードの名称はゲーム中「○○&○○」の左側または右側の記述を持つ名称のカードとしても扱う。
このカードをプレイする場合、使用コストを支払う際、「○○&○○」の左側または右側の記述を含むカードをコストに含めなくてはならない。
(プレシャスメモリーズ オフィシャルルールブック Ver.1.2 より引用)

けいおん!スターターデッキPart2で登場したキャラクターカードの要素。キーワードテキストのひとつ。
2人のキャラが1枚となったカード。これを持つキャラクターカードはコンビカード、コンビキャラとも呼ばれる。
テキストでは次のように書かれている。
〔コンビ〕

キーワードテキスト〔コンビ〕は次のルール効果を持っている。
  • このカードは、「○○&□□」の左側と右側のキャラ両方を名前を持つカードとしても扱う
  • このカードを登場させるためにコストを支払うことが必要である場合、「○○&□□」の左側と右側のどちらか1つと同じ名のつくキャラをコストに含まなければならない。

1つ目の効果は1枚で書かれている2つのキャラ両方として扱う効果。実質常にカード名を変更する効果が発動していると言っていい。
 例:《田井中 律&平沢 唯(248)》は、元々のカード名「田井中 律&平沢 唯」の他に平沢 唯田井中 律としても扱う。
キャラクター名が発動条件となる《桜高軽音部》などは、1枚で複数の条件を満たすことができる。
ただし、カードとしては1枚として扱うため、《ふわふわ時間》のような「~枚以上」を条件とするカードを使用する際に2枚分として扱うことはできない。
この効果もあくまでテキストの一つであるため、コンビが「テキストを無効にする」効果を受けた場合このカード名変更効果も無効になる。
 例:《田井中 律&平沢 唯(248)》《中野 梓(342)》の効果を受けた場合、この《田井中 律&平沢 唯(248)》はターン終了時まで平沢 唯田井中 律としては扱えなくなる。

2つ目の効果は登場制限効果である。書かれている2つのキャラのうちどちらかと同名のカードをコストに含む必要がある。
 例:《平沢 唯&中野 梓(266)》を登場させるには平沢 唯または中野 梓のどちらかをコストに含む必要がある。
ただし、「記述を含む」という指定のため、その名称が含まれていればコストに含むことが可能。
これに該当するのはるんイカ娘なずな
これらのキャラはカード名を含む別のキャラが存在するため、コストにして出すことができる。
 例:ミラクるんをコストに含めば《るん&トオル(025)》を出せる。

基本的にカード名の順番はカードイラストと対応している。
その為、プロモカードなどイラストでの立ち位置が違う場合同じカードでもカード名が違う場合がある。例:《後藤 又兵衛&真田 幸村(033)》

登場時に制約があるため、上手くデッキを組まないと運用するのは難しい。
しかしその分効果は強力であり、支援カードの効果も受けやすいため、切り札として使うのが良いだろう。
<ワンショット>と相性がいい。

FAQ

Q.コンビは片方のカード名のみを対象とするテキストの対象にできますか?
A.はい、可能です。例えば《平沢 憂(010)》のテキストで《田井中 律&平沢 唯(248)》の使用コストを軽減する、《真夜中の練習》で休息状態にするキャラに《平沢 唯&中野 梓(266)》を選択する、《平沢 唯&琴吹 紬(265)》《ギー太》セットするなどはすべて可能です。
Q.カードの効果などによってコンビの使用コストが0になった場合、そのコンビをコストを支払わずに登場させることはできますか?
A.はい、できます。

コンビキャラ一覧


サポートカード

発動キー


関連項目