《土下座(101)》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《土下座(101)》

イベントカード
使用コスト6/発生コスト2/黄
[メイン/相手]:このターン、相手のキャラはアプローチに参加させることができない。
(わかった! じゃあ処女やる! 兄ちゃんにあたしの処女やるから!)

偽物語で登場した色のイベントカード
相手キャラ全てのアプローチ封印する効果を持つ。
効果は単純、相手キャラのアプローチを封じるだけ。
相手にとっては一切アプローチできなくなってしまうため、1ターン無駄になってしまう。
1ターン分のアドバンテージを稼げるため非常に強力。
だがコスト6と非常に重く、そう簡単には発動できない。
ここぞというタイミングで使いたい。
同名カード《土下座(124)》がある。

カードイラストは第8話「つきひフェニックス 其ノ壹」のワンシーン。フレーバーはその時の火憐のセリフ。

関連項目


収録