《稲葉 姫子(036)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《稲葉 姫子(036)》

キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト2/青/AP30/DP30
このカードが登場、または相手のアプローチによってポイント置き場に置かれた場合、デッキの上のカード7枚を見て、その中にあるこのカードと同じ名称のキャラ2枚を抜き出し、表にしてから手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。
(好きです! だから、もしよければ、アタシと付き合ってください♡)

ココロコネクトで登場した色を持ち、特徴を持たない稲葉 姫子
登場した相手アプローチによってポイント置き場に置かれた時にデッキの上のカード7枚を見て、その中の同名カード2枚を手札に加え、デッキシャッフルする効果を持つ。
基本的には稲葉 姫子サーチできる。サーチ範囲は7枚と広めで、2枚もサーチできるため強力。
必ず2枚でなければならないため、万が一サーチできた同名カードが1枚未満の時は失敗してしまうので注意。
登場した時だけでなく、ポイント置き場に送られた時も発動可能。
発生コスト2なので、ポイント置き場から発動した後にポイントソースにできる。
《永瀬 伊織(003)》《桐山 唯(060)》と全く同じテキストを持つ。

カードイラストは描き下ろし。フレーバーは第3話「ジョバーとローブロー」での姫子のセリフ。

関連項目


収録