《稲葉 姫子(051)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《稲葉 姫子(051)》

キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/青/AP30/DP0
このカードがアプローチまたは妨害に参加した場合、手札1枚を捨て札にする。その場合、カードを1枚引く。
(……でもそれは、虚像の……強くて何でもできる稲葉姫子だろ……。)

ココロコネクトで登場した色を持ち、特徴を持たない稲葉 姫子
アプローチ妨害した時に手札1枚を捨てることで、デッキから1枚カードを引く効果を持つ。
アプローチ妨害すれば毎ターン手札交換が行える。
手札で腐っているカードを処理し、デッキの一番上のカードに変換できる。
ステータスが低く退場しやすいので、何らかのサポートは併用したい。

カードイラストは第10話「それを言葉にするということ」のワンシーン。フレーバーはその時の姫子のセリフ。

関連項目


収録