『物語シリーズ』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『物語シリーズ』

「化物語」「偽物語」「物語シリーズ セカンドシーズン」「憑物語」をテーマにした作品
新たな特徴【怪異】が登場。物語の内容から作品を象徴する特徴と思われる。

原作は西尾維新のライトノベル作品、及びそのアニメ作品。
原作では化物語の他に偽物語・猫物語等があり、これらをまとめて物語シリーズと呼んでいる。

『化物語』

ファーストシーズンの一つ。2009年夏にアニメされた。
主人公阿良々木 暦を中心に、様々な怪異に取り付かれた少女に出会い話が進んでゆく。
BDの売上は4万枚を超えるなどその人気は高く、話題となった。

『偽物語』

ファーストシーズンの一つで、化物語の後日談。2012年冬にアニメ化された。
妹である火憐月火を中心に話が進んでいく。
また、新たに新キャラも登場した。

『物語シリーズ セカンドシーズン』

セカンドシーズン。2013年夏にアニメ化された。
『猫物語(白)』『傾物語』『花物語』『囮物語』『鬼物語』『恋物語』によって構成されている。
ファーストシーズンのヒロイン達をメインとしたエピソードが語られる。
暦以外の人物が主役になるエピソードが多い。
『恋物語』は後に放送されたためか、今回は収録されていない。

『憑物語』

ファイナルシーズン。2014年大晦日にTVスペシャルで放送された。
ファイナルシーズンの導入に当たるエピソードで、斧乃木 余接がメインとなっている。
放送翌日に参戦が発表された。

この作品をテーマとするスターター/ブースター


この作品を参照する効果


関連項目