レギュレーション

レギュレーション

トレーディングカードゲームは基本的に1対1で勝負を行うが、大人数が参加する大会の場合順位決めや上位決めの為に、大会形式を設定する必要がある。
大会形式には以下のレギュレーションがある。

レギュレーション

シングルレギュレーション

作品を統一しなければならない形式。発売記念大会と似た形式といえる。

ミックスレギュレーション

これまでの大会形式。メモリーズカード以外のすべてのカードが使用できる。

MIX-Two limitedレギュレーション

新たに追加された大会形式。2つの作品を使用する。禁止・制限カードはミックスと同じ。

試合方式

共通ルール

  • 試合時間は40分
  • スリーブは二重以下を推奨
  • 禁止・制限カードがある
  • サレンダーはいつでも可能

トーナメント形式

いわゆる勝ち抜き戦。予め設定されたトーナメント表にそって勝負する。勝負に負けたプレイヤーはその時点で脱落し、勝者同士で対戦を繰り返しながら勝者を決定する形式。
3位を決める必要がある場合は、準決勝戦での敗者同士が対戦し勝利した方が3位となる。
なお、プレイヤーが4の倍数以外である場合、シード権が与えられる場合がある。

スイスドロー形式

ポイント制による総当たり戦の事。勝負に負けても脱落せず、続けて勝負を行うことが出来る。2回戦目以降はポイントの近い物同士が勝負し、順位付けが決まるまで対戦を繰り返す。勝負の組み合わせは、基本的に店舗側が設定する。
勝ち点は3ポイント、負け点が0ポイント、引分けが1ポイントとされている。
なお、両者同意による勝敗の決定や途中退場は認められていないことが多く、店舗によっては引分けすら認められていない所もある。
参加人数が奇数の場合、不戦勝が発生する場合がある。

ガンスリンガー形式

対戦者と待機列に別れて試合を行う。対戦が終了したら敗者は脱落し列に並びなおす。勝者にはポイントが与えらる。その後、待機列の先頭にいるプレイヤーがその勝者と対戦を行う。これを繰り返していき一定ポイントが溜まったプレイヤーから順位付けする方式。
大会規模により席数、列数が変化するが基本的には勝者が戦い続ける事に変わりは無い。
大会によっては同じプレイヤーとのマッチングを避けるため、一定回数連勝した場合、並びなおしてもらうこともある。

デッキ形式

シールドデッキ戦

自分で構築したデッキを使用せず、未開封のパックやスターターを使用し、その場でデッキを構築して対戦する対戦方式。

罰則規定

レギュレーションを守らなかった場合、様々な罰則が科せられる。詳しくは当該ページを参照。

関連項目