《メール》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《メール》

イベントカード
使用コスト0/発生コスト1/青
[メイン/相手]:デッキの上のカードを4枚見て、その中にあるカード1枚を手札に加える。その後、残りのカードを任意の順番でデッキの下に移す。
(あっ、りっちゃん。)

けいおん!Part2で登場した色のイベントカード
デッキの上のカード4枚を見て、その中の1枚を手札に加え、残りのカードをデッキの下に任意の順番で移す効果を持つ。
サーチデッキ操作を両立した使いやすいカード。確実に1:1交換ができる上、デッキを操作するおまけまで付いてくる。
使用タイミングが相手のメインフェイズなので、相手ターンでも登場できる《田井中 律(056)》などや、相手ターンに使えるコンバットトリックを手札に加えれば牽制になる。
なお、「表にしてから」という表記がないため、手札に加えるカードを相手に見せる必要はない。
デッキを選ばないため、万能サーチカードとして是非デッキに投入したい。
《重音 テト(281)》《羽川 翼(203)》《巴 マミ&鹿目 まどか(P004)》はこのカードを内蔵している。
《彼女らの見つめる先は》の方がサーチ範囲が1枚多く、あちらは自分ターンに発動できる。

サーチカードの中では最も優秀な効果を持つため、けいおん!Part2環境では《下校中》《寝言》《合宿!》に次ぐ4強イベントであった。
現在ミックスでは《彼女らの見つめる先は》、シングルでも《旅行の前に》にシェアを奪われている。
ただしシングルにおいては《平沢 唯(215)》などの兼ね合いもあり、決して採用されない訳ではない。

カードイラストは第3話「特訓!」のワンシーン。フレーバーはその時の唯のセリフ。

関連項目


収録