《青山 七海(036)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《青山 七海(036)》

キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/赤/AP20/DP20
このカードは、手札にある状態で、自分の「青山 七海」がいる場合、自分のメインフェイズ以外でも登場させることができる。
このカードが登場した場合、自分の「青山 七海」1枚は、ターン終了時まで+10/+10を得る。
(ましろ……。私……少しわかった気がする……恋が。)

さくら荘のペットな彼女で登場した色を持ち、特徴を持たない青山 七海
自分青山 七海がいる時に手札自由登場を得る効果、登場した時に自分青山 七海1枚のAPDPを10上昇させる効果を持つ。
自分の青山 七海が場にいれば自由登場できる。
登場時に青山 七海を強化できるので、実質コンバットトリックとなる。
このカードも対象にでき、実質AP・DP30のキャラとなる。
《椎名 ましろ(005)》《上井草 美咲(068)》サイクルをなし、効果・ステータス・イラストコンセプトが全く同じ。

カードイラストは描き下ろし。フレーバーは第8話「どでかい花火をあげてみろ」での七海のセリフ。

関連項目


収録