<化物語>

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<化物語>


化物語をテーマとするデッキ
共通サポートが少ないため、個々の強力な効果でゲームを進めてゆく。

《化物語》
イベントカード
使用コスト0/発生コスト2/青
[メイン/自分]:全ての「化物語」のキャラは、ターン終了時まで+10/+10を得る。その場合、ターン終了時にカードを1枚引く。

《千石 撫子(054)》
キャラクターカード
使用コスト4/発生コスト1/緑/AP30/DP40
【怪異】
自分のポイント置き場にある「化物語」のカードは、発生コスト+1を得る。

デッキの構築

キャラクターカード

ボードアドバンテージが不利なほどAPDPが上昇する。
自分キャラ登場するごとに味方の強化が行える。
コンバットトリックを気にすることなくアプローチできる。
妨害された相手と共にサポートエリアに移すことができる。実質除去
相手キャラを活動状態にならなくできる。
アタッカー。AP・DP40と高い。
ポイントソースを増やせる。
AP・DPを30に変更できる。

イベントカードサポートカード

必須カード。全体強化に加えドローも可能。
相手のイベントカードを封印する。
阿良々木 月火または阿良々木 火憐サーチし、デッキ操作が可能。
終盤では《下校中》以上の働きを見せる。
コンバットトリック。コストがあるがAP・DPを+20できる。
相手を大幅弱体化できる。ややコストが重い。

派生デッキ

<阿良々木 暦>

阿良々木 暦とその関連カードを中心に構成したデッキ。

<戦場ヶ原 ひたぎ>

戦場ヶ原 ひたぎ《文房具》を中心としたデッキ。

<羽川 翼>

羽川 翼ブラック羽川を中心としたデッキ。

<八九寺 真宵>

八九寺 真宵を中心としたデッキ。

<千石 撫子>

千石 撫子を中心としたコンボデッキ。

<神原 駿河>

神原 駿河を中心としたデッキ。

<火憐&月火>

阿良々木 月火阿良々木 火憐を中心としたデッキ。

弱点

共通サポートが少ないので、コンボをしにくい。
また多くの戦法を使うので安定しにくい。

関連項目