退場判定

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

退場判定

アプローチ時における、キャラ退場するかどうかの判定。
自分APと相手DP、相手APと自分DPをそれぞれ比較する。
  • 自分AP≧相手DP→相手退場
    自分AP<相手DP→相手残る
  • 相手AP≧自分DP→自分退場
    相手AP<自分DP→自分残る
以上2つの比較は同時に行われる。
そのため、数値次第で双方が退場することもあるし、双方が場に残ることもある。
キャラのAPが大きければ相手を退場させやすく、DPが大きければ場に残りやすいといえる。
また、AP+DPの合計値の損得なども重要である。
なお点数は、10単位で表すことができ、相手のみ退場すれば+10点、自分のみ退場すれば-10点、
双方が退場しない場合は、-10点が追加される。

退場のパターンを分かりやすくすると以下のようになる。
  • 自分AP≧相手DP かつ 相手AP≧自分DP
    例:自分AP20/DP20、相手AP20/DP20
    →双方退場 合計値が等しければ損得なし。
  • 自分AP≧相手DP かつ 相手AP<自分DP
    例:自分AP20/DP20、相手AP10/DP20
    →相手のみ退場 計+10点 
  • 自分AP<相手DP かつ 相手AP≧自分DP
    例:自分AP20/DP20、相手AP20/DP30
    →自分のみ退場 計-10点
  • 自分AP<相手DP かつ 相手AP<自分DP
    例:自分AP20/DP20、相手AP10/DP30
    →双方場に残る 計-10点 合計値が等しくても適用。

詳しくはシミュレーターを使うといいだろう。
連携時における退場判定は通常と異なるので要注意。
詳しくは連携を参照。

退場判定を行わせる効果

カードの効果によって退場判定を発生させる効果を指す。
アプローチフェイズでのアプローチでないため、コンバットトリックが使用できない。

この効果を持つカード


関連項目