|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STORY

EditThisPage    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おはようございます。和久津さま。キスしてよろしいですか?」
「だめ」
 これが三日前。
 平穏無事な朝、同級生とのたわいもない日常。

「いくわよ、いいわね、気合いを入れて!」
「物事は精神論より現実主義で!」
 その三日後。
 萌えるビルの屋上からダイブして、都市伝説の黒いライダーに追いかけられた。

 運命はいつだって問答無用にやってくる。
 自分たちをお構いなしに自分勝手に巡っていく。

 皆元るいは、家なし子だった。
 花城花鶏は、奪われたものを取り返すためにやってきた。
 鳴滝こよりは、消えた婚約者を探していた。
 茅場茜子は、父の不始末のとばっちりを受けていた。
 白鞘伊代は、ひとりぼっちだった

 そして。
 猫かぶりの優等生、和久津智は断末魔だった

 智には痣がある。
 宿命のような、運命のような、烙印めいた小さな痣だ。
 その痣は、きっと昔から、ろくでもない先行きを予告していたのだろう。

 死んだ母から手紙は届いて以来、
 地雷原に迷い込んだように引きも切らずトラブルが押しかける。
 宿命のように運命のように、
 涙目の智が出会った少女たちの身体には、智と同じ形の痣があった。

 言語道断な呪われた青春と対峙するために、一心でも同体でもない、
 六人の少女が同盟を結ぶ。

「つまり、これは同盟だ。破られない契約、
 裏切られない誓約、あるいはお互いを縛る制約でもある。
 僕たちは口約束をかわす、指切りをする、サインを交換し、
 血判状に徴を押して、黒い羊皮紙に血のインクでしたためる」

「一人で戦えないから力を合わせる。
 一本の矢がおれるなら五本六本と束ねてしまえばいい。
 利害の一致だ。利用の関係だ。気に入らないところに目をつぶり、
 相手の秀でている部分の力を借りる。
 誰かの失敗をフォローして、自分の勝ち得たものを分け与える」

「誰かのためじゃなく自分のために、自身のために」

「僕たちはひとつの”群れ”になる。群れはお互いを守るためのものなんだ」

 いつか来る平穏無事な日々を夢見て、全身全霊で疾走するでこぼこだらけの少女たちは。
 いつしか固い絆で結ばれていく。

 けれど。
 和久津智は仲間にもいえない秘密を隠し持っていた。

 彼女は「男の子」だったのだ――。



Copyright(C) 2007 暁WORKS. All rights reserved.