|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

双子の呪い


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Q: 双子の呪いは結局何?


原文)「智はわたしが守ってあげてるから。わたしと智は……同じ呪いと『力』を共有しているのよ」
「そう。本来、呪いを持った子はひとつの家に一人、娘にしか生まれない。だけど、わたしたちは双子として生まれたわ……」
「ふふふ、そのせいでわたしたちは一つの呪いと『力』を共有しているの……」
「わたしと智で、『八つ星』の力を移し替えることができる。『呪い』も『力』もやり取りして、わたしたちだけが呪いの裏をかくことができる……」
「わかる? 安心をして……呪いを踏む必要のない時は、ずっとわたしが呪いを持っていたのだから……あなたは呪いを踏んでいないのよ」



Part 5スレ 407による推察(一部改変)

  • 『双子の呪いは性別バレ』 で呪い発動 ※前提条件(伊代・茜子)
  • 『姉は任意に呪い・能力を移せる』 が1つ目の抜け道(茜子)
  • 『呪いの有無に関係なく、「既に性別を知っていれば」免れうる』 が抜け道2つ目(茜子)
  • 『呪いが発動した状態で呪いを移せば、「ノロイ」は襲ってこない』 が3つ目(伊代)

  • 『能力を持つ間は呪いは必ず付きまとう』 リスクその1(伊代)
  • 『呪いの移し変えは瞬時にはできない(移すために数時間のラグ)』 リスクその2(伊代) (これは虚偽説明である可能性もあり)

子供智が死を免れたのは「姉が移し変えに成功したから」(共通)
伊代にバレたとき呪いが発動したのは「智に予知の能力(と呪い)を移していたから」(伊代)
呪いに殺されなかったのは「姉が能力を回収したから」(伊代)
姉が全員の前に姿を現しても呪いが発動しなかったのは、(茜子)
「智が能力・呪いを受け取っていた」 ため

Part 7 スレ78

智も真耶も、呪いは「本当の性別を知られてはいけない」
智は女装して性別偽って、
真耶は他者に姿を見せないことで呪いを踏まないようにしてたっていう話。
ただ単に対処法が違うだけ。

智に痣があるとき、智は呪い=才能を保持した状態である。

ファンディスクで確定。

詳細はビジュアルガイドブックネタバレ参照。


Copyright(C) 2007 暁WORKS. All rights reserved.