Blastro


修正済みサイトスクリプト

  • スクリプトをインストール

  • 2011.04.23 記
  • このページで、2010.08.01 より配布した修正済みサイトスクリプト Brastro.site.js ( version 0.1.0.1 ) は、サイト側仕様変更により、使えなくなっているようです。
  • 詳しくは、修正情報、その2をご覧ください。

修正情報

  • 2010.08.01 記
    • 削除(2011.04.23)

修正情報、その2

  • 2011.04.23 記
  • Blastro の動画の多くが、RTMPプロトコルで配信されるようになったみたいです。Craving Explorer は、このプロトコルに対応していません。
  • RTMPプロトコルの URL から、HTTPプロトコルの URL を、何となく類推できるようなので、RTMP の URL を拾った場合に、HTTP の URL に変換して Craving Explorer側に送るスクリプト例を作ってみました。
  • あくまで類推ですので、ダウンロードできる保証は全くありません。動作に関して無保証です。それでもいいよ、という心の広い方のみお試しください。

  • スクリプト例
    • 2012.05.10 up
    • DarkKnight さんのサイトスクリプト、
      Blastro.site.js ( date: 2009/05/04, version: 0.1 )
      に基づいています。
    • メタデータの version は、0.1 のままです。
    • 動画が Blastro独自サーバの場合で、取得した URL が RTMP の場合、http の URL を類推し、類推が有効な場合(簡易なリンクチェックをして有効と思われる場合)には、そのURLを採ります。有効でない場合には、ダイアログボックスに、RTMP の URL を表示します。(RTMP の URL から RTMPDump のコマンドライン文字列が作成できる場合は、これも合わせて表示します。RTMPDump って何、という場合は、この表示を無視してください。)
    • 動画が YouTube や vimeo の埋め込み動画の場合、元サイトの URL を類推してダイアログに表示しますので、Craving Explorer で元サイトを開きなおしてからダウンロードを試みてください(Craving Explorer が元サイトに対応している必要があります)。
    • 動画が BrightCove 配信の場合、ダイアログに、取得した RTMP の URL をすべて表示します。RTMPDump のコマンドライン文字列が作成できる場合には、これも合わせて表示します。
    • ダイアログなんて鬱陶しい、という場合は、97行目あたり、_Blastro.showDlg を false にすれば、ダイアログは表示されなくなります。

  • かなり冗長なコードになっていますので、ご自分で使いやすいように書き換えて使ってください。BrightCove のために 300行ぐらい浪費しています。必要なければこの部分を捨ててしまえば、もっと軽くなるかもしれません。
  • URL の類推は、すぐ使えなくなるような気もします。類推した URL には、"flashcache" という文字列があり、キャッシュなのかもしれません。One Time Url という仕組みがあるらしくて、キャッシュがある場合に、そこから拾う、というような仕様なのかもしれません。

  • スクリプト例履歴
    • 2011.04.23 up
    • 2011.11.21 up
      • バグの修正。
    • 2012.05.10 up
      • ドメイン名 roxwel.com を扱えるようにした。
      • ドメイン名 yallwire.com を扱えるようにした。





名前:
コメント: