妄想ネタ保管庫185~183


ストライクウィッチーズ 第185統合戦闘航空団より




ストライクウィッチーズ 第184統合戦闘航空団より




ストライクウィッチーズ 第183統合戦闘航空団より


287 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/03(水) 18:21:20 ID:tTXLP0Bt

少佐がウィッチを卒業した事で、チーム編成をするためにシャーリーと作戦会議だ。
しかし、作戦会議早々に正反対の性格の二人は真っ向から対立していた。

「これだから、カールスラントの堅物は・・・」
愚痴の様にぽろっと出たシャーリーの言葉に強く反発するバルクホルン。
「楽観的過ぎるぞリベリアン、備えよ常に、だ!」
その言葉に、びくっとおびえた様にシャーリーは瞳に涙を浮かべていた。
突然の涙に驚いたバルクホルンだが、シャーリーはまだ16歳の少女なのだと思い出した。
「あっ、あの・・・すまない・・・強く言い過ぎたな・・・私が悪かった」
シャーリーを優しく抱きしめるバルクホルン、許しを請うようにシャーリーが問う。
「ほんとに?・・・もう、いいの?・・・ぐすっ・・・」
怯えた子兎の様なシャーリーの姿にバルクホルンの心は揺れ動いていた。
(省略されました。続きを読むには”お姉ちゃんって呼んでくれ”と書き込んでください)
 ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      O。
         ,.:::::::::、 ,...........,
       ,..:':::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、,......
   ,::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
   ':::::::::::::::::::::, ´ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
   ` 、:::::,'`:::::ヽ _ /::::::::::::::::/´ `,:::::::::::::::、
       ,::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー':::::::::::::::::::::、
       :::::.  し'    ::::::::::::::::,、::::::::::::::`
        :::::.       し' .:::::' ` ::::::: '
       ....:::::::...       ..:::::::'      <私がお姉ちゃんだ
    ....:::::: ' ` ,.:::::::::::しJ:::::::,:::'
   ...:::::::: '   ,.':::::::::::::::::'   ::::、
  '::::::::::、   ,::::::::::::::::::::     `:::::..、
  .. `::、:::::´ ,::::::::::::::::::::::::     `:::::::::,
 ::::.、,、   ,::::::::::::::::::::::::::      ,::::::::,
300 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/03(水) 18:27:53 ID:EiKI5mBh
 >>287
シャーリーが弱キャラになってるじゃねーかw
お前は・・・お姉ちゃんになれない
350 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/03(水) 18:54:59 ID:FHMHTk06
 >>287
まさかのトゥルシャリだー。トゥルーデさんの姉力は全方位隙無しだな。
お姉ちゃんって呼んでくれ

374 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/03(水) 19:06:38 ID:tTXLP0Bt

今日は、シャーリーに勉強を教える事にした軍といえども学業は大事だ。
たまには姉ちゃんらしい所を見せて妹に気づいて貰いたい所なのだが。

紅茶とケーキを持ってシャーリーの部屋を訪れる、これで優しい姉を演出だ。
「勉強は進んでいるか?ほら、ちょっと休んだらどうだ?疲れただろう・・・」
やった、と言うような表情でシャーリーが机を離れこちらにやってきた。
「どうだ?勉強は進んでいるか?わからない所があったら何でも教えるぞ」
胸の大きさでは負けるが、お姉ちゃんらしく胸を張るバルクホルン。
「ん~さっきから調べてるけど、どうしてもわからない所があるんだ」
任せなさいとその本を見ると保健の教科書で子供が生まれる過程が描かれていた。
「こ、これはだな・・・えーと・・・こう、愛し合う二人が居ると子供が出来るんだ」
いまいち理解出来ていない様子のシャーリーの顔を見て突然バルクホルンは唇を重ねる。
「んっ・・・ふっ・・・ちゅ・・・ちゅっ・・・ぷはぁっ・・・こういう事だ・・もっと教えて欲しいか?」
濃厚なキスをされて、トロンとした表情のシャーリーは無言でコクコクと頷く。
 ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      O。
         ,.:::::::::、 ,...........,
       ,..:':::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、,......
   ,::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
   ':::::::::::::::::::::, ´ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
   ` 、:::::,'`:::::ヽ _ /::::::::::::::::/´ `,:::::::::::::::、
       ,::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー':::::::::::::::::::::、
       :::::.  し'    ::::::::::::::::,、::::::::::::::`
        :::::.       し' .:::::' ` ::::::: '
       ....:::::::...       ..:::::::'
    ....:::::: ' ` ,.:::::::::::しJ:::::::,:::'
   ...:::::::: '   ,.':::::::::::::::::'   ::::、
  '::::::::::、   ,::::::::::::::::::::     `:::::..、
  .. `::、:::::´ ,::::::::::::::::::::::::     `:::::::::,
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。