妄想ネタ保管庫230~227


ストライクウィッチーズ 第230統合戦闘航空団より


10 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 04:52:34 ID:a0l/pJLN

バルクホルンが突然胸を大きくしたいとエーリカの所へ相談を持ちかけて来た。
宮藤の為なら周りが見えなくなる、バルクホルンのいつもの悪い癖だ。

「その・・・他人に揉んで貰うと・・・胸が大きくなると聞いてな」
嬉しそうに話しているバルクホルンの姿が、エーリカには辛くて仕方が無かった。
「こんな恥ずかしい事・・・ハルトマン・・・お前にしか頼めないからな///」
バルクホルンの幸せを望みながら、叶わぬ恋をする辛さにエーリカは押しつぶされそうになる。
例えそれが宮藤の為であってもバルクホルンと触れ合える事にエーリカは小さな幸せを感じていた。
 ̄O ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  O。
     _/´  _,_   `丶、
   /   ^^  _____   \
   ( ,,,r-=ニ@,ニ,,__ ヾ,,   )
   `ト,-=7 ̄ ̄  `>ェ=´
    Y´ィェ,ャr-=≠ミ| |.|
    />イ!::リ`  !::リハ:::リ
   ハ;;;;∧  、_   イ:::''
   \;;;;ミ;゙>,,、, ィヾ!/
     `ヾ,〉ヾ∧ノ`i
       ノ;;;//;;;;イ;;|
      /;;;;;;| !;;;;;|.|;;|
      |;;;;;;;| ;;;;;;ハソ、
      ト--〉ミ--ソト,,`
 .     |  | Y  ',ヾヽ
      | .|  .',  ', ゙゙゙
 .       | . |   ',. ',
      .ト-|   ',ノi

12 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 04:55:18 ID:a0l/pJLN

躊躇せずバルクホルンは服を脱ぎ始めエーリカの前で無防備な姿を見せる。
その姿にエーリカの胸の鼓動は高鳴り、バルクホルンの体に見惚れてしまっていた。

「ハルトマン・・・そ、そんなに見つめられると恥ずかしいのだが・・・早くしてくれッ」
顔を赤くして恥ずかしがるバルクホルンがエーリカにはとても愛おしく思えた。
エーリカが胸を揉み始めると、バルクホルンは辛そうな顔をして声を必死に押し殺していた。
「トゥルーデの胸とっても綺麗・・・はむっ・・・ちゅっ・・・ぺろぺろ・・・んっ・・・」
突然のエーリカの行動にバルクホルンは驚き、恥ずかしい声を上げてしまう。
「ひっ・・・ハルトマンっ・・・やめっ・・・ろっ・・・んっ・・・あっ・・・」
バルクホルンの声をもっと聞きたいと思ったエーリカは最後の一枚に手をかける。
 ̄O ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  O。
     _/´  _,_   `丶、
   /   ^^  _____   \
   ( ,,,r-=ニ@,ニ,,__ ヾ,,   )
   `ト,-=7 ̄ ̄  `>ェ=´
    Y´ィェ,ャr-=≠ミ| |.|
    />イ!::リ`  !::リハ:::リ
   ハ;;;;∧  、_   イ:::''
   \;;;;ミ;゙>,,、, ィヾ!/
     `ヾ,〉ヾ∧ノ`i
       ノ;;;//;;;;イ;;|
      /;;;;;;| !;;;;;|.|;;|
      |;;;;;;;| ;;;;;;ハソ、
      ト--〉ミ--ソト,,`
 .     |  | Y  ',ヾヽ
      | .|  .',  ', ゙゙゙
 .       | . |   ',. ',
      .ト-|   ',ノi

14 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 05:08:50 ID:a0l/pJLN

理性を抑えられなくなったエーリカはバルクホルンのズボンを下ろそうと手をかけるが・・・。

「・・・ひっぐ・・・ぐすっ・・・トゥルーデ・・・ごめん・・・私・・・ひっく・・・」
手を止め涙をぼろぼろと流し泣き出したエーリカをバルクホルンは優しく抱きしめる。
「ごめん・・・謝るのは私の方だ・・・試すような事をして済まなかった・・・」
バルクホルンのその言葉に状況が分からずエーリカはキョトンとしていた。
「こんな事、エーリカにしか頼めないって言ったじゃないか・・・ちゅっ」
嬉さで止まらない涙で顔を濡らしながら二人は何度もキスをしてお互いを求め合った。
これはバルクホルンがエーリカをその気にさせる為の罠だったようだ――
 ̄O ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  O。
     _/´  _,_   `丶、
   /   ^^  _____   \
   ( ,,,r-=ニ@,ニ,,__ ヾ,,   )
   `ト,-=7 ̄ ̄  `>ェ=´
    Y´ィェ,ャr-=≠ミ| |.|
    />イ!::リ`  !::リハ:::リ
   ハ;;;;∧  、_   イ:::'' <>>1乙
   \;;;;ミ;゙>,,、, ィヾ!/
     `ヾ,〉ヾ∧ノ`i
       ノ;;;//;;;;イ;;|
      /;;;;;;| !;;;;;|.|;;|
      |;;;;;;;| ;;;;;;ハソ、
      ト--〉ミ--ソト,,`
 .     |  | Y  ',ヾヽ
      | .|  .',  ', ゙゙゙
 .       | . |   ',. ',
      .ト-|   ',ノi

ストライクウィッチーズ 第229統合戦闘航空団より


323 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2008/09/21(日) 01:24:08 ID:g1JQh9IF

 妹が欲しいなら育てればいい
 ということで新人を教育して妹小隊を結成するトゥルーデ

330 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2008/09/21(日) 01:25:52 ID:jEo2kyWo

>>323
まぁ、ウィッチーズの養成機関だから、生徒はだいた10歳〜16歳ぐらいの旬な…いや違う、育ち盛りの子達だな。
私は厳しく指導するんだ「中途半端な気持ちなら帰れ!ここは既に戦場なんだ!」ってね。
だが、いもう、いや生徒たちは私を慕って、必死について来てくれるんだ。

ある夜、私の部屋に一人の生徒がくるんだ。その子は私が特別見込んだ子なんだが、この所成績を落していてな、私も心配していたんだ。
その事を私が伝えると、その妹はこう言うんだ。
「私、お姉ちゃんの事を考えると、胸のドキドキが止まらないんです!これって病気なんでしょうか…」
「心配するな、こっちへおいで…」
そう言って私は妹の手をとりベッドへと向かうんだ…。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
         __
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `   ……この先を読むためにはわっふるわっふる
       ゝ=-、  _   ノ        と書き込んでください。
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V

ストライクウィッチーズ 第228統合戦闘航空団より


606 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2008/09/20(土) 22:53:26 ID:GmiaeOm1

      l/:::::::::::::::::::l:::/l::::::::/ハ:l \:::::l::!:::::::::::::::';::::',
     /::/::::::::::::::::::;ィ:/ l:://::l V!   ヽ!:l::::::::::::::::::';:::l
     /:/!:::::::::_::/::/ l::! /イ:::::::::! ヽ   l::ト、:::::::::::::::V! 芳佳・・・リーネやシャーリーのおっぱいばかり見て
.    /:/.l::::i:::::::::!:7>!K   ヽ::::::::l  ヽ _jノ x−:::::::::::ヘ  私のおっぱいなんて目もくれないとは・・・
    j/ l:::;|:::::::レ' r≠=≧x ヽ:::::L _ ≦≠x、ヽ!:::::::::ハ:::! 私のおっぱいは、そんなに魅力がないのか?
.       !/ !:::::ハ く. lr'_ノ !   ヽl、 ' l_ノ l ) V::::ハ .ソ
      '  !:::::l ヘ  ヾ._ソ          V_,ク  .ハ:::!ノ ここは一つ、バストアップで芳佳の目を引き付けなくては
          ';::::l、 ハ                / _V  そういえば昔、ハルトマンが云ってたな
        V ヽ_l、        '          /≦ _  「胸を揉むとおっぱいが大きくなる」と
          iこヽ、      _      ノ くー-' 成る程、リーネもシャーリーも芳佳に揉まれているから
           /:::i>   ´ _`     .イ_ハ:::::':,    更に大きくなったんだな
          /:::::::/  ri>/ ヽ、イト、  l、:::::':,     私も負けてられないな。となれば善は急げだ。
         /::::::::::/ /r'i/ />ーヘ )! \ .V:::::':,    ここは、信頼感があるでミーナが適任か
.        /::::::::::;;ノー'  !l   '´  / V l   iヽ V:::::':,「ミーナ中佐。中佐に手伝って貰いたい事があるのですが
      /:::::::;イ /   . l!    ´ /V!   レニ\:::::.':,  ・・・私のおっぱいを揉んでもらいたい」

ストライクウィッチーズ 第227統合戦闘航空団より


382 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 14:11:44 ID:v+0x6EZO

外れなくなったストライカーユニットは石鹸水を塗るぽと良い

384 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 14:13:48 ID:5GXDHwKN

 >>382
お姉ちゃんがハァハァ言いながら、芳佳に力説してるのを想像した

391 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 14:19:08 ID:GmiaeOm1

 >>384
           __
      , <:: ̄:::::::::::::::: `>、
      /::::::::::: i::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::;!::::::/l:::;:::::::::::\:::::::ヽ
   //::/:::/::;ハ:::/::::Vト、i::::::::::ヘ:::::::ハ  どうした芳佳?
  ,イ/::::/:: /::/ ,Y-:::::ハ ヽl::::::::::::ヘ::::::l  ん?ストライカーが抜けなくなった?
. //:::::/::::イ:// l::i::::::! l! .V::::::::::::';::::!
 jイ:::;イ:;∠ィ-―- vヘ::::|-t―ト、::::::::::V  そんな時は、石鹸水を、こう、太ももからだな
.  l:/ l::::/ ,イチム::::::::::::V!ィ升へ V::v-、) 塗りたくるようにハァハァ
.  ´ l::人! 弋_ン::::::::::::::':::弋_ク  V.,イ/
    レ ハ       ,       /_ノ '´  決して疚しい気持ちでやってるわけではないぞ
     rニヘ、   ,____.,     / _二9   芳佳、お前のためだ
      /::;>   `ーi!′  ィ´l_ハ::ヽ  
.     /::::9  /`!ー .<ト、    !:::ヘ   ふふふ、芳佳がヌルヌル芳佳がヌルヌル
     l:::::::l/ lノ    ,V ヽ、 l::::::l 
     l;:ィ/  lヘ  _ ノ/ _ .へ!、:::l_
  r‐(二イ   レ^ く_ //// ト、_ コ-、
  / l i /    ヽ! /  Li/  l    / l

386 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 14:16:20 ID:Ntj864V7

 >>382
坂本さん!
ヌルヌルします!

543 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 15:45:46 ID:DqBt6DgG

宮藤を鍛えるために飛行訓練をしていたが動きにキレが無い、どうしたのだろうか。

どうも宮藤の調子が悪そうなので、訓練をやめて声をかけてみる。
「どうしたんだ宮藤?どこか悪いのか?今日はここまでにして休息にしよう」
宮藤は顔を赤くして足をモジモジさせて息が荒い、本当に調子が悪そうだ。
「その、変なんです・・・バルクホルンさんと居ると・・・体が熱くなって、頭がぼーっとして」
そういって潤んだ瞳で見つめる宮藤にバルクホルンは一瞬ドキッとする。
「そっ!?、、、それはだな!、、、い、一種の病気だ!病だ!(恋の・・・」
宮藤は不安そうな顔をして、助けを請う様にバルクホルンの顔を見上げている。
「大丈夫・・・安心しろ・・・私はその病気の治し方を知っているからな・・・」
そう言ってバルクホルンは震える宮藤をぎゅっと抱きしめ優しく唇を重ねる。
「んっ・・・ちゅっ・・・んふっ・・・ちゅぱ・・・どうだ・・・?もう治まったか・・・?」
省略されました。続きを読むには”もっと酷くなっちゃいました”と書き込んでください
 ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    O。
       ,.=, ´:::::::::::`::>=、- 、
     ,ィ´;;;;ノ:::::::::::::::::::::!:::::::ヽ;;!
   /;;;;;;;;/::/:::::::;イ::/ハ!;:::::::ヘ;!
.  /;;;;;;;;;;;/::/:;イ:/ ,イ::l! ! V:::::!;;l
  |;;;;;;;;;;<::イ:/j/Tt- Vl ィTVV;;;!
  ヽ ノ .Y|ハ Vリ  `' lリ lノ `
       ゝ=-、  _   ノ <お姉ちゃんも病気かもしれない
      , ィノ _ヘ>- <
     //  ハ: :ゝ-Y-'^.i
     ヾ=-' l: : i:. ̄ハ:):l
        l: : ノ: : :.l!: :l:.l
        V/: :二 l!: :.V
        /!: : : : l!: : :l
.      ヾニハ: : : :A: : :.!
        l! !: : /L!V: :!

662 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2008/09/20(土) 16:57:56 ID:vOQu9viE

 ゲルト「芳佳のふともも…すべすべしてて……ふぉおあああ…」
 芳佳「バルクホルンさん……やめ…早く…ストライカーユニットを…ああっ…」
 ゲルト「大丈夫…んちゅっ…これは出撃前の…んっ…『おまじない』……だ…」

663 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2008/09/20(土) 17:00:16 ID:afQeUIJ+

            __
      , <:: ̄:::::::::::::::: `>、
      /::::::::::: i::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::;!::::::/l:::;:::::::::::\:::::::ヽ
   //::/:::/::;ハ:::/::::Vト、i::::::::::ヘ:::::::ハ
  ,イ/::::/:: /::/ ,Y-:::::ハ ヽl::::::::::::ヘ::::::l
. //:::::/::::イ:// l::i::::::! l! .V::::::::::::';::::!
 jイ:::;イ:;∠ィ-—- vヘ::::|-t—ト、::::::::::V
.  l:/ l::::■■■■■■■■ V::v-、)
.  ´ l::人■■■■■■■■ V.,イ/
    レ ハ       ,       /_ノ '´
     rニヘ、   _ _      / _二7
      /::;>       ィ´l_ハ::ヽ <わたしは通りがかりの軍人ですが、
.     /::::7  /`!ー .<ト、    !:::ヘ  バルクホルン大尉は品行方正のよい
     l:::::::l/ lノ    ,V ヽ、 l::::::l  軍人の鑑ですので、けっしてここのスレのようなことはありません。
     l;:ィ/  lヘ  _ ノ/ _ .へ!、:::l_
  r‐(二イ   レ^ く_ //// ト、_ コ-、
  / l i /    ヽ! /  Li/  l    / l

664 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2008/09/20(土) 17:01:38 ID:SGPUJaBQ

 >>663
 (カールスラント出身 妹大好き さん)

745 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 17:56:49 ID:5DwaS/xY

そうだ!
どうせ聞こえるなら、聞かせてやるさ!
サーニャ!
好きだァー! サーニャ! 愛しているんだ! サーニャー!
キョウダケダカンナァをする前から
好きだったんだ!
好きなんてもんじゃない!
サーニャの事はもっと知りたいんだ!
サーニャの事はみんな、ぜーんぶ知っておきたい!
サーニャを抱き締めたいんだァ!
潰しちゃうくらい抱き締めたーい!
心の声は
心の叫びでかき消してやる! サーニャッ! 好きだ!
サーニャーーーっ! 愛しているんだよ!
私のこの心のうちの叫びを
きいてくれー! サーニャさーん!
部隊が同じになってから、サーニャを知ってから、私は君の虜になってしまったんだ!
愛してるってこと! 好きだってこと! 私に振り向いて!
サーニャが私に振り向いてくれれば、私はこんなに苦しまなくってすむんです。
優しい君なら、私の心のうちを知ってくれて、私に応えてくれるでしょう
私は君を私のものにしたいんだ! その美しい心と美しいすべてを!
誰が邪魔をしようとも奪ってみせる!
恋敵がいるなら、今すぐ出てこい! 相手になってやる!
でもサーニャさんが私の愛に応えてくれれば戦いません
私はサーニャを抱きしめるだけです! 君の心の奥底にまでキスをします!
力一杯のキスをどこにもここにもしてみせます!
キスだけじゃない! 心から君に尽くします! それが私の喜びなんだから
喜びを分かち合えるのなら、もっとふかいキスを、どこまでも、どこまでも、させてもらいます!
サーニャ! 君がツンドラの中に素っ裸で出ろというのなら、やってもみせる!

747 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 17:59:09 ID:kofGYVRV

 >>745
         ,、
  ____,r ´ ̄/__|、
  ヾ/   、ュ \ヽ
   | | |Xハハト ト` \   ツンドラの中に素っ裸で出ろ
  イヾ|!┃ ┃ ,,|ノ|`ハノ`
   リハ|,, 、, _イーェュ、ノ ,,
   |ハトー<ヾ\`|_|イニコ;ッ  ミ
        ヒ!トイヾノ      ミミ
        ´ `~´ヾ!,,
   ブ ー ン    ゙`
748 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/09/20(土) 17:59:38 ID:SGPUJaBQ
 >>747
早速のご命令wwwwwwwwwww
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。